2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1491人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
早稲田大学 国際教養学部

天野帆乃香さん

東進ハイスクール横浜校

出身校: 鎌倉女学院高等学校

東進入学時期: 高2・1月

所属クラブ: バスケットボール

引退時期: 高3・4月

この体験記の関連キーワード

スケジュール管理における担任指導とメンタルで乗り切った受験

私が第一志望校に合格できた理由は主に二つあります。

一つ目は、担任による勉強スケジュールの指導です。自分の各教科の習熟度を鑑みて、担任と面談をしながらそれぞれの科目で合格のためにこなさなければならない勉強量と、それをこなすためのスケジュールを明確化しました。得意だった英語、毎回の演習の点数にムラがあった国語、最後まできちんと覚えることから逃げて苦手科目だった世界史の勉強量の配分は大体2:3:5でした。

担任指導がなければ、やらなければならない勉強量は明らかにならなかったと思います。もしその状態でスケジュールを定めすにだらだら勉強していたら合格をするのは難しかっただろうと思っています。

二つ目は、最後まであきらめない気持ちです。模試ではDかE判定しかとったことがなかったですが、勉強をしているときにはそんなことは全く気にせずに、ひたすら勉強をしていました。試験直前期には、世界史の成績が全然伸びないにも関わらず、「まだなんとかなる」と思いながら、最後まであきらめずに本気で勉強していました。試験中には、少ない残り時間の中でどこの見直しをすれば点数を一点でも多く獲得できるかを考えました。

そのようなスケジュール管理における担任指導とメンタルで乗り切った受験から、私は時間の存在を強く突き付けられました。

ここから後輩の皆さん、特に志望校のレベルに到達していない方に伝えたいことは、必要勉強量と残された時間を意識しながら勉強してほしいということです。必要勉強量といっても、やらなければならないことはあとからあとから出てきて、どれだけ早く受験勉強を始めたとしても、受験勉強を終了させることはかなり難しいことだと思っています。だから早めに受験勉強を始めましょう。そしてもう一つ、一度受験をすると決めたなら、その日から全力で取り組んでほしいということです。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

勉強スケジュールの確認、担任が大学で何を学んでいて、将来どうなりたいかを話したこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

どの担任助手も私の勉強の質問に粘り強く答えてくだっさたこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

私に合う講師がいたこと、駅から近いこと、自分のペースで勉強を進められるからAO受験との両立が可能であること、大学生による指導を行っていたこと。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

毎回のグループミーティングで、周りのメンバーの世界史の完成度に焦りを感じた。メンバーのお誕生日を毎回お祝いすること!

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
早稲田大学国際教養学部の一般試験の英語には、英文の日本語要約と、英作文が含まれます。この講座によるそれらの添削から、自分ができていないところを細かく知ることができたので、役に立ちました。10年分の過去問データとその解答解説、解説動画があるのはすごい!

担任指導
東進は他の予備校に比べて塾のスタッフや大学生との距離が近く、何でもすぐに相談することができます。

【 確認テスト 】
一回一回の授業の内容を理解できているかチェックできます。

Q
おすすめ講座
A.

【 英文読解-内容一致- 】
英語が得意である私でも、この授業で習った事柄は本当に役に立ちました。例えば、協調構文があったらそこは筆者の主張だという指摘は、英文を構造的に読むのに、ものすごく役に立ちます。

【 入試直前まとめ講座 世界史Bのまとめ 】
覚える量が膨大な世界史を、コンパクトに五つの授業にまとめてくれています。大切な点がピックアップされているので、世界史の全体像をつかむことができます。

友達にシェアする