2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1498人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
東北大学 工学部

山下大智くん

東進ハイスクール浦和校

出身校: 蕨高等学校

東進入学時期: 高2・1月

所属クラブ: バドミントン部

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

どう合格点まで達するかまで考えて解ける問題を着実にとれるようにした

僕が東進に入学したのは、高2の1月でした。受験が近づいてきて、受験への危機感を感じたので、友人の紹介で体験しました。東進は、映像による授業で、このシステムで勉強していけば、部活との両立ができると思ったので、入学することになりました。

入学する前までは、どのようなことを勉強したらよいかがイメージできていなかったのですが、時期に応じた勉強と点数の目標について聞いたので、自分なりに計画をたてて勉強を進められるようになりました。

入学の当初は、英語と数学の成績を向上できるように勉強しました。東進や学校の先生のお話を聞いて、まずは高2のうちに英語と数学を固めておくことが重要だと思ったので、重点的に行いました。まずは、基礎に不安があったので、高1と高2の時の復習をメインに行いました。高速マスター基礎力養成講座や学校で使っていた文法書を活用して固めました。それと同時に、東進で英語の「勝利のストラテジー」と「テーマ別数学ⅠA・ⅡB」の受講を行い、基礎から応用の問題までを理解し、問題演習で実践できるように学習を進めていきました。

高2の3月までに、英語と数学を固めて、その後は物理と化学の理科科目に重点を置いて勉強を始めました。理科科目を勉強するときには、単元ごとで1個1個応用の問題まで深めていくのではなく、科目の全体観を知りたかったので、まず基礎の問題を全範囲終わらせられるように意識しました。これを高3の夏前までに終わらせました。そのため、高3の7月末までに、大方「センター過去問演習講座」の過去問演習と大問別演習で基礎を固めきることができました。

夏休みは、問題演習に重点を置いて勉強しました。夏休み中に東北大学の問題を見て、傾向を知って、いろいろな参考書などに手を付けるのではなく、入試問題を多く取り扱う重要問題集物理や化学の問題をたくさん解きました。また、並行して併願私立の過去問も解きました。東北大学の物理の問題は、すべての問題が記述だったので、問題集や私立過去問を解いているときに、回答のプロセスを意識しながら問題演習を行いました。答えだけ出すような問題でも途中式などを書いて、日頃から回答のプロセスを意識した回答を行っていました。東北大学の化学の問題は、知識問題も多いので、知識が抜けていたところに関しては、ノートにその知識を書くようにして、いつでも復習できるようにしていました。これらの勉強によって、入試レベルの問題と典型問題の型についてはすべて網羅できるようになりました。

夏休み以降、過去問演習講座の東北大学の過去問を本格的に着手しました。1周目は、10年分傾向を知ることができるように1回1回知識の抜け漏れを確認しつつ、どんどん演習を進めました。この時に、自分と志望校のギャップを考えて、できていなかった単元などはそこを中心的に重要問題集で復習を行いました。2周目は、前回の得点を見て、自分の目標点を決めて行いました。2周目行うときに解いてみてすぐに解ける問題と、解法を思いつくのに時間がかかる問題の選定をしながらすすめていきました。

その後、3週目を解くときに、解いてみてすぐに解法が思いつくものに関しては、たとえ計算ミスをしていても解かずに、自分が解法を思いつくのに時間がかかった問題だけを解くようにして、無意識的にすぐに解法が思いつけるように学習を進めました。それ以降は、3周目でもわからない問題に関しては、難易度の高い問題だと思って割り切りました。満点取らないと受からないわけではないので、自分がどのように合格点まで達するかまで考えて解ける問題を着実にとれるようにしました。過去問演習講座で3回まで回答の提出ができるので、科目に応じてたくさん回答を提出していって、記述の得点ポイントとかを確認して演習していきました。加えて、演習量をとにかく取りたかったので、東北大の15か年の問題を解いたり、ほかの旧帝大の問題を解いたりして、過去問に出ていなかった分野や初見の問題も解けるように対策しました。

12月の頭からは、国語の古文単語や社会科目の知識で点数が取れるところを勉強しました。時間を意識して行い、本番で力が出せるようにセンター本番に向かいました。国立前は、東北大学の後期の過去問や予想問題集などを使って、初見の問題でどのように点数を最大化できるか考えて演習しました。第一志望校の勉強をこれだけ考えて行ってきたので、自信をもって東北大学の試験に挑むことができました。合格できたのは、夏までにセンターレベルで点数が取れるような状態にしていたので、東北大学を志望するという選択肢以外を考えずに勉強できたことだと思います。

第一志望校の東北大学で勉強して、僕は将来航空宇宙関連の研究職や開発職に就きたいと考えています。そこで、有人飛行とか夢のある仕事に携わることが夢です。これから、その夢に向けて頑張っていきたいと思います。

東進に通ってスタッフの方から受験勉強の方針をその都度確認できて、役に立ちました。ありがとうございました。これから受験されるみなさんも、行きたい大学への想いを達成するために、着実に勉強を行って、最後まであきらめずに勉強をしてほしいと思います。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

模試の後の面談で志望校までの距離を客観的にみて、学習計画について的確なアドバイスをくれたこと

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

夏休みの中盤のモチベが下がりがちになっていた時に励ましてくれたこと

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

他の塾の模試よりも細かいデータが帰ってくるので自分の実力をより正確に把握できる点

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

映像による授業なので部活動との両立がしやすいと考えたから

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

グループのみんなで同じ問題を解いてお互いに教えあったこと

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

目標を達成するために何をするべきかを考える力がついたこと

Q
夏期合宿・冬期合宿に参加した経験があれば、参加して良かったことを教えて下さい。
A.

苦しくなった時にそこで踏ん張る力

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

公開授業で普段勉強してることを違う視点から見るきっかけを得ることができた

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

秋の模試で志望校の判定が良くなかったときに勉強するのが辛くなったが、志望校のパンフレット等を見て気持ちを奮い立たせて乗り越えた

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

行きたい研究室のホームページをみたり、同じ志望校の友達と話したりした

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

東北大学は航空宇宙分野の研究が盛んであることを知ったこと

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自分が本気で一つのことを目指して頑張ることで成長できるもの

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

航空宇宙分野の研究職について惑星探査など夢のあるプロジェクトに携わりたい

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
部活と両立しながら受験勉強を早いペースで進められた

過去問演習講座
通信添削のおかげで自分では採点のしにくい英作文などの対策が万全にできた

担任指導
模試の後の面談などで定期的に今後の学習計画を相談できた

Q
おすすめ講座
A.

【 テーマ別数学Ⅰ・A/Ⅱ・B 】
数学の応用問題へのアプローチを知ることができた

【 入試英語@勝利のストラテジー 】
英語の和訳が正確にできるようになった

【 受験数学特別講義-積分編- 】
数学3の積分の解法パターンを頭に叩き込めた

友達にシェアする

 

受験数学特別講義-積分編-

積分を集中学習し、入試の得点源にしよう!

河合正人 先生

数Ⅲ積分の典型問題から厳選した30項目を例題と演習を通じて学習していきます。置換積分や部分積分、区分求積法、回転体の体積など基本公式や問題について一通り身に付けた生徒が対象です。『受験数学Ⅲ(応用)』の後に受講することで、数Ⅲ(積分)分野の理解をさらに深めることができます。本気で数学Ⅲを極めたい生徒、大学進学後も興味を持って数学に取り組みたい生徒は特にお勧めです。『受験数学特別講義-微分編-』とセットで受講し数学Ⅲを確実な得点源にしましょう。

90分×10回+講座修了判定テスト1回

対象:難関大入試で積分を得点源としたい生徒

東進の授業を体験する