2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1501人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
早稲田大学 社会科学部

櫻木優くん

東進ハイスクールせんげん台校

出身校: 越谷北高等学校

東進入学時期: 高2・8月

所属クラブ: 水泳部

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

受験を通して、自我を持つことの大切さを知った

僕は東進ハイスクールせんげん台校で一年半のうちに様々なことを学びました。入学した当初はまだ何から勉強したらよいかわからず、担任助手の方々からアドバイスをもらって勉強していました。

しかし勉強していくにつれて自ら考えることが重要だと分かってきました。まず初めに行ったのは高速マスター基礎力養成講座でひたすら基礎を固める事でした。英語はもともとあまり得意ではなかったけれど、基礎が固まっていくにつれてだんだんと英語が読めるようになっていきました。

高速マスター基礎力養成講座に加えて今井先生などの講師によるハイスペックな受講によってみるみる英語が好きになっていきました。次の段階では自分の志望校に向けてひたすら演習をすることです。そこで活用できるのが志望校別単元ジャンル演習でした。受ける大学に演習を増やすことによって徐々に問題に慣れていき、得点につなげていくことが出来ました。過去問を探して解いていくよりも、パソコンから問題を印刷してたくさん問題を解くのははるかに効率が良いので合格に大きく近づくと思います。

一番つらかった時期は入試期間で、その時に初めて受験が何たるかを理解しました。しかし担任助手や周りの友人と話してメンタルをどうにか保ち合格することが出来ました。周りの環境はかなり大事で、学校や東進の友人と会話することで厳しいのは自分だけではないんだ、といったことがわかって精神面で非常に良い事であり、互いに競い合い高め合うこともできます。

第一志望校に合格するのは、自分一人ではなしえないことであり周りの支援があってできたことだと自覚しなければなりません。第一志望の大学に合格できたのは、誰かに指示されて勉強するのではなく自ら進んで自分なりのやり方で勉強できたことも大きな要因だと思います。何事にも学校で今まで教えられてきたことには間違っていることが多いので、何が良くて何がそうでないのかをしっかりと見極め、自我をもって進んでいくことが大事だと受験勉強を通して学ぶことが出来ました。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

志望校へ向けた戦略が練れた

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

志望大学について教えてくれた

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

今の実力がわかる

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

学校の最寄り駅から近かった。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

一週間の息抜きみたいでリフレッシュできた

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

メンタル

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

特別招待講習

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

友人に相談

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

適度な休憩

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

ネームバリュー

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

修行

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

色んな人を笑顔にする

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
基礎固め

学力POS
ハイテク

過去問演習講座
過去問慣れ

友達にシェアする