2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1497人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
東京外国語大学 国際社会学部

菅原夏希さん

東進ハイスクール田無校

出身校: 国分寺高等学校

東進入学時期: 高2・1月

所属クラブ: バレーボール部

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

直前まであきらめない気持ちが大事

私は高2の12月から部活と並行して東進に通い始めました。入学当初から外大志望でしたが、引退まで部活を優先していたり夏休みも行事の準備に全力を注いだりと、完全に受験のみになるのは遅かったです。時間がないと自覚していた分、勉強できる時間を大切にしていました。

入学から夏休みの中盤まではひたすら受講をしていました。センター演習になかなか入れず焦ったので受講はなるべく早く終わらせるべきだと思います。そして学校行事が一段落ついてから過去問演習に切り替えました。英語の過去問演習は一周目には時間無制限で、精読することを心掛けました。一年分をやりきるのに四時間以上かかっていましたが、読んで理解する力がついたと思います。

世界史は基礎知識がまだ定着していなかったのでひとまず問題形式になれることを意識し、受講テキストを使って暗記をしていました。朝に再受講するのもおすすめです。12月から本格的にセンター対策を始め、10年分の演習を終わらせ、とにかく志望校別単元ジャンル演習講座や大問分野別演習で苦手をつぶしていきました。ここで各科目の点数がぐっとのびたので直前まであきらめない気持ちが大事だと思います。

私はセンターまではあっという間だったのですが、そこから二次までがものすごく遠い道のりに感じてしまいました。そんな時に担任助手の方や友達と話したりすることで支えてもらい、なんとか最後までやりきることができたので感謝でいっぱいです。受験は自分と向き合う時間も多くて辛くなることもありますがそんな自分も認めてぜひ最後の最後まで粘って頑張ってください。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分が考えていなかったような大学も教えて下さったこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

いつも前向きに励ましてくださったこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

必ず復習する。特に世界史はわからなかった問題や単語をすべて調べる。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
その他を選んだ場合はこちらに記入して下さい。
A.

姉が通っていたため。

Q
東進を選んだ理由
A.

自分の予定に合わせて勉強スケジュールを立てることができるため。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

将来、国際協力に関わる仕事をしたいと思っています。そのためにこれから大学でしっかり学び、学んだことを生かせるようにします。

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試
自分の現状を客観的に把握できるため。

高速マスター基礎力養成講座
英単語などをスムーズに覚えることができたため。

【 確認テスト 】
きっちり復習する習慣がつくため。

Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル世界史Ⅴ~Ⅷ 西洋史編(ヨーロッパ・アメリカ地域) 】
ストーリーを解説してくれたり小話をはさんでくりたため苦手な西洋史が理解できるようになったため。

【 ハイレベル世界史Ⅸ〔近現代史①〕 戦間期と第二次世界大戦 】
様々な国が絡み合う複雑な現代史をポイントごとに切り取って解説してくれるためわかりやすく理解できたため。

友達にシェアする