2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1497人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
一橋大学 社会学部

大沼彩人くん

東進ハイスクール国立校

出身校: 国立高等学校

東進入学時期: 高2・2月

所属クラブ: ソフトテニス キャプテン

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

自制心に自信のない人、自分のペースで勉強したい人に、東進は最適解

僕は高校二年生の終わりに受験日までの勉強プランを組み立て、それを確実に履行するために東進に入学しました。

自分の勉強以外の誘惑を断つ自制心に自信がなく、家で長時間の勉強をする習慣や忍耐力がなかった僕にとって東進は理想的な環境だったと思います。自習場所としての環境は申し分なく、自分と同じレベルの大学を受ける友達と模試の点数などを競い合えたので、ストレスなく受験勉強に打ち込めました。

また、模試とその度の担任助手の方との面談が定期的に行われたので、自分の成績に合わせて勉強プランを見直す機会が多くあり、苦手を是正しながら得点源科目を上手く伸ばしていくことにつながりました。

志望校の過去問演習講座では採点や解答解説だけでなく記述問題での明確な採点基準が示されていたので、自分の至らなかった点や落とした事項を復習時に明確化することができ、さらなる得点の向上につながりました。志望校別単元ジャンル演習講座は、国立と私立両方の入試に役立ち、志望校の過去問以外の多角的な視点から自分の弱点を知ることができました。加えて、センター試験直前に利用した際は、過去問以外にあまり問題がない理科基礎などの科目を演習することができ、これによって本番では焦らずに対処出来て、点を大きく伸ばすことができました。

有名講師の映像による授業も勿論東進の魅力的なコンテンツですが、あまり大々的に宣伝してないこのような東進独自のシステムや東進自体の勉強場所としての質も素晴らしいものだと思います。僕のように自制心に自信のない人や、授業以外にも自分のペースでの勉強を進めたい人にとって、東進は最適解ではないかと思います。

僕は今後一橋大学で教養としての社会学と実践としての会計、経済学を学び、社会に出て自身の能力を十二分に使えるような人になりたいと思っています。この目標への第一歩を最高な形で踏み出せることができて本当に良かったです。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

志望校に合格した先輩としての実践的なアドバイスや、自分のこれからの勉強プランに対する質問に具体的に答えてくれたこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

以前の自分のデータや去年受かった先輩のデータと比べることで自分がライバルと比べてどの程度の位置にいるかを感覚的でなく実際のデータとして理解することができる。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

自分のペースで勉強を進められそうな制度が整っていたのと、家と学校に近く継続的に通うことができると思ったから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

同じ志望校や同じレベルの友だちと切磋琢磨し、情報交換を行って連帯感を持って受験に望めた。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

大学で決められたカリキュラムから学べることだけでない自分のセールスポイントとなるような資格、知識を身に着け、自分が何ができるのかを胸を張って他人に言えるような人間になりたいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

学力POS
他の塾にないシステムで自分の勉強の進度をデータなどで客観的に見れる。

東進模試
データが詳しく、分析も詳細。また、年に何度も行ってくれる。

過去問演習講座
10年分もあり、解答解説もしっかりしている。一週間ほどで採点をしてくれるのもありがたい。

Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 一橋大学 】
難しく長い記述問題をわかりやすく分解して教えてくれて、自分なりの理解が非常にスムーズに進んだ。量としても十分な量があり、やりごたえがあった。

【 受験数学Ⅰ・A/Ⅱ・B(基礎) 特別編 】
自分が考えてもみなかった考えや解き方を紹介してくれて、ニガテだった数学に新しい視点を得ることができた。

【 過去問演習講座 センター対策 】
書籍だと膨大な量になり、とてもじゃないが持ち運びできないようなセンター試験の過去問十年分がネットに収まり、端末さえあればいつでも、何度でも解いて復習できるのはとてつもなく便利だった。

友達にシェアする