2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1498人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
早稲田大学 法学部

袴田彩加さん

東進ハイスクール新松戸校

出身校: 小金高等学校

東進入学時期: 高1・5月

所属クラブ: 吹奏楽部

引退時期: 高3・9月

この体験記の関連キーワード

自分の大きな自信につながった

私は、高校一年生の五月に東進に入学しました。高校受験で上手くいかなかったこともあり、大学受験へのスタートを早く切りたいと思い、高校入学とともに東進に入学することにしました。

高校一年の時の私の志望進路は理系で、医療の道に進みたいと思っていました。そのため、高校一年生の間は、高速マスター基礎力養成講座の完全修得を目指すとともに、数学や化学の受講に毎日励んでいました。

私は吹奏楽部に入部しており、部活後の日々の受講はやる気の出ないことも多々ありましたが、担任助手の方の親身なアドバイスやサポートにより、モチベーションを保つことが出来ました。

高校二年生の中盤になって志望進路が変わり、私は文転しました。学校では理系の授業についていかなければいけない上、新しく使う社会科目である政治経済は、高二の後半から初めて学ぶことになり受験に間に合うかが心配でしたが、英語がある程度固まっていたこともあり、社会科目を重点的に受講することが出来たため、受験で通用するレベルまで追い上げることが出来ました。

高校三年生は、九月まで部活漬けの毎日でした。周りの受験生が受験の天王山と言われる夏休みに一日中勉強している中で、自分はその半分の時間も勉強に充てられず、不安に感じることもありましたが、かえって限られた時間の中で集中して取り組む力をつけることが出来ました。

受験期はなぜか焦ることも少なく、自分を信じて志望校別単元ジャンル演習講座や過去問に取り組みました。

そして無事に、第一志望校の早稲田大学に合格することが出来ました。大学受験をやり遂げたことは自分の大きな自信につながったので、これを糧にこれからの人生も進んでいきたいです。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

どんな時も前向きなアドバイスをくれた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

難関大本番レベル記述模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

大手予備校だったため。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

英単語テストがあったため、抜けてる部分を確認できた。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

忍耐力とメンタルが身についた。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

今井先生の公開授業が楽しかった。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

第一志望の校歌を聞き、パンフレットを見る。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

単純にかっこいいなと思ったから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

人として成長できるきっかけになるもの。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

英語を使って国際的な職に就きたい。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習


担任指導


【 確認テスト 】


Q
おすすめ講座
A.

【 政治・経済 政治編 】


【 漢文基礎トレーニング(句法&基礎知識の完成) 】


友達にシェアする

 

漢文基礎トレーニング(句法&基礎知識の完成)

漢文の基礎知識を短期間に完全習得

三羽邦美 先生

漢文を軽視したり、毛嫌いして勉強に手をつけない生徒が多いのですが、なんともったいない! 漢文ほど短期間に学力が伸びる、努力すればしただけ得点が伸びる分野はありません。まずは「やっても無駄」「後回しでいいや」という弱気を捨て、「漢文を勉強しよう!」という決意だけもってこの講座に参加してください。必須事項をゼロからていねいに説明しますから、これまで全く漢文を学んでこなかった生徒でも大丈夫。この講座で知識を完璧にした後、読解講座で学習を続ければ、センターでも難関大でも漢文はきっと得点源になるはずです。

90分×10回+講座修了判定テスト1回

対象:これから漢文の学習をスタートさせる生徒

東進の授業を体験する