2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1499人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
早稲田大学 国際教養学部

眞鍋諒生くん

東進ハイスクール西葛西校

出身校: 本郷高等学校

東進入学時期: 高2・8月

所属クラブ: サッカー

引退時期: 高3・10月

この体験記の関連キーワード

やることをやり、自分を信じきれば、長く部活を続けようとも合格できる

僕はサッカー部に所属し、高3の10月の後半まで部活を続けました。その中で、第一志望大学である早稲田大学に合格できたのは、東進の学習システムのおかげです。

東進の学習システムは、隙間時間を有効に活用できるものであり、高2の夏に入学し、時間がないと感じた僕は特に高速マスター基礎力養成講座を何回も反復しました。その中で自分の得意科目をどんどん見つけていき、それを自分の自信につなげました。

3教科が必要な私立文系型のなかで、自分がまず第一に優先したのは英語でした。大学受験において、ほとんど全ての大学でこの科目の配点が一番大きいからです。自分は毎日100個ずつ単語を覚えていき、これに上乗せする形で文法や長文のテクニックを身につけていきました。それに加えて、英文の音読だけは毎日欠かさずにやっていました。英語は言語なので、英文を読む際にリズムをつかむことがとても重要だと思ったからです。

次に、社会科目です。僕自身は東進で世界史の講座をとるということはあまりしませんでしたが、学校の定期テストと同じリズムで知識を増やしていき、高3の後半には、一問一答をただひたすら繰り返し、年号や記述の練習も怠らずしっかりとどの大学にも太刀打ちできるような力をつけていきました。僕は世界史選択だったのでそれについてしか言うことはできないのですが、意識してほしいのは、世界史は流れありきの単語だということです。これだけは覚えといてください。

国語に関して、僕は本当に苦手意識をもっていました。でも実際に勉強し始めてみると意外とすぐにできるようになり、だんだんと苦手意識がなくなっていきました。特に古文と漢文です。自分自身、部活があって時間がない中、どうしても毎日の勉強を得意な世界史や英語に逃げがちでした。そこで、僕は割り切って古文、漢文の勉強を、高2の春休みにすることに決めました。驚いたことに、この2つ、春休みの一ヶ月で一通り一周することができました。この2つは知識でカバーできる科目だと思うので、現代文が苦手な人はこっちに力を注いでみてください。現代文は量です。

以上三科目にわたって色々書いてきましたが、どの科目も自分の勉強のプロセスを繰り返し行うことが大事だと思うので、しっかり継続してみてください。部活生として、受験期は不安ばかりでした。でも、やることをしっかりやり、自分の自信につなげ、自分を信じきれば、どんなに長く部活を続けようとも自分の第一志望には絶対合格できます。僕も実際、年を越した後は知識を増やすのではなく、「自分はこれだけ勉強したんだ!」と自信をつけるために勉強してました。

いま自分はそれを達成し、証明することができとてもうれしく、また、キャンパスライフが待ちきれません。合格発表を見たときは本当に気持ちよかったです!みなさんも自分が第一志望大学のキャンパス内にいる姿を想像してがんばってみてください。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

自分のペースで勉強できるから。

Q
東進のおすすめは?

友達にシェアする