2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1494人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
立教大学 コミュニティ福祉学部

阿部諒太くん

東進ハイスクール志木校

出身校: 和光国際高等学校

東進入学時期: 高1・12月

所属クラブ: 漫画研究部 部長

引退時期: 高3・9月

この体験記の関連キーワード

勉学に王道なし

僕は高校1年の冬に東進に入りました。とは言っても、そのころはほぼ何もしていなくて勉強を始めようと決意したのは高2の秋ごろからでした。そのころ僕の成績は悲惨でなんと偏差値50を超える教科はひとつもありませんでした。特に数学は正弦定理や余弦定理の名前を知らず、数ⅡBなんかは偏差値28でした。そんなトホホな状況で僕は立教に行きたいと思いました。僕がこれから紹介するのは勉強法よりもそのときの気持ちの持ちようや考え方です。

まず先生が紹介してくれた方針として得意科目を作る、ということです。あんな成績からGMARCHに行こうとするのならば得意科目を作って自信をつけようという作戦です。このような絶望的な状況から成功を目指そうとするのならば、まずは気持ちからです。たとえ、それがまだ自信と呼べるほどのものでなくともです。楽観的勘違いというものは気持ちを落ち着かせ自信を持たせる効果があります。

僕はそれで自信とやる気を身につけ、高速マスター基礎力養成講座に励みました。なにか分からないことや不安はすぐに担任の先生に相談していました。そうすることによって疑問や不安の解消に繋がると同時に自分と担任の先生の関係がより強く結ばれることになります。

さて月日は流れ二学期、三学期となると周りの人たちも受験モードになっていきます。すると周りの人たちは「志望校どこにした。」と聞いてくることがあります。ある人は自分の志望校を他の人に宣言して勉強せざるを得ない状況にしようといいますが、今の僕はそうは思いません。自分の志望校、特に志望校が高いところを宣言すると周りの人がそれだけで「すげーじゃん」みたいなムードになってしまい、なぜか目標が達成したような心理になってしまう、というような実験結果もあります。そのころの僕はあまりに気持ちの安泰を求めすぎてしまい、聞かれたらところかまわず言っていました。

僕がここで言いたいのは志望校を宣言するなとか、ましてや気持ちの安泰を求めすぎるな、ということではありません。人の勉強法や気持ちの持ちようなどは人それぞれ、いわゆる「勉学に王道なし」ということです。たとえその人が「この勉強法しかない」と言っても惑わされないでください。あなたの勉強方はあなたにしか分からず、あなたが自分自身で見つけるものです。しかし、最初から「なにをすればいいのかわからない」と言う方は一回その人が言う勉強法をやってみるのもいいです。そこから自分の勉強法を見つけてください。

最後に二次試験をやってる最中の話をします。僕が受けた大学の合格発表の順番は日大、大東、立教の順でした。いくらなんでも日大や大東は受かってるだろうと思いましたが日大は全落ち、大東文化も一つ落ちてしまいました。まだ立教を受けてない自分にとっては非常にプレッシャーとなりました。そして、立教を受け中期と後期に東洋と専修を受けました。立教の第一発表では全て不合格、東洋も落ちました。もう終わったと思った後日、第二発表で立教が受かっていました。ちなみに専修も受かりました。受かった理由はまだ定かではないですが、考えられる要因としてやはりそのときの心持ちでした。

僕は日大や大東文化を真剣に受けていなかったのです。僕はなめきっていました。東洋も大して行きたいところじゃないからと、こんな土壇場で油断していました。しかし立教、専修は今思えば崖っぷちに立たされていたので、真剣にやりました。僕はそこで油断というものはいかなる人であろうと大いに効く毒であると知りました。油断大敵、誰もが言う台詞でしたが僕はそれを実践に活かしていなかったのです。

あたりまえのことをするのはそう難しいことではありません。しかし人はそのあたりまえを認識し、行動することをあまりしていません。初めは大丈夫です。ですがその認識や現実を知り理解する時期をいつやるかによって、あなたの大学受験や今後の生活を決めていくでしょう。

文の途中にも書きましたが、これはあくまで僕の一例です。従う必要は全然ありません。よく人は価値観が違う人と会うと大して話をせずに、最後に「まあ価値観の違いだから」と言って終わります。僕はこれを価値観を大切にしてるとは思いません。まだ喧嘩になりそうになるほうがマシです。

僕が合格体験記でなぜこれを書くかというと、これは注意書きみたいなものです。自分で勉強法を身につけられてその方法でしかやらない、なんてことにはなってほしくないのです。もしかしたら新しく紹介された勉強法が今の勉強法よりも役立つかもしれないが、失敗したら嫌だからやらない、なんて気持ちになった瞬間あなたの成長は間違いなく止まります。それはつまり違う勉強法、しいては違う価値観を知ろうとしないのと同じです。そうなると次自分が教える立場になるとき「この勉強法しかない」なんてことを言ってしまうかもしれません。本質を見失わないことです。あなたと同じように他の人も同じような勉強法が通じるとは限りません。

と言うわけで、僕のこの長ったらしい意見に従うことはありませんが、理解していただけると幸いです。みなさんは是非この大学受験を通じて勉学だけではなく、他の本質的なことや自分自身を学んでいってください。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

勉強法やそれ以外の悩み事を聞いてくれてすっきりしたことです。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

勉強法やそれ以外の悩み事を聞いてくれてすっきりしたことです。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

分からないところを復習しまくる。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

凄そうだったから

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

単に友達が増えたのもありますし、ライバルの状況も知ることが出来ていいです。

Q
夏期合宿・冬期合宿に参加した経験があれば、参加して良かったことを教えて下さい。
A.

気がすごく引き締まった

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

気が引き締まったやる気もでる

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

辛いのは慣れるようにしました

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

意地

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

ノリと直感

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

人生の何かを教えてくれるもの

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

漫画家になって人々に勇気や希望を与えていきたい

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座


【 講座修了判定テスト 】


過去問演習講座


Q
おすすめ講座
A.

【 安河内哲也の基礎から偏差値アップ総合英語 】
全てはここから始まったと言っても過言ではない講座です。でも人を選ぶかも

【 受験数学Ⅰ・A/Ⅱ・B(応用) 】
神としか言いようのないほどわかりやすい

友達にシェアする

 

安河内哲也の基礎から偏差値アップ総合英語

基礎からたのしく英語がわかる重要事項濃縮講座

安河内哲也 先生

この講座は、あらゆるタイプの入試問題、特にセンター試験において得点が上がる方法を濃縮した成績アップの決定打です。特に、入試において大きな割合を占めている長文が、スラスラ楽しく読めるようになりたい人には必須の講座。英語が苦手な人でも、英語が大好きになること間違いなしの楽しい内容の英文素材を毎回2つピックアップ! 私大入試や国立二次の対策も視野に入れて出題形式を工夫しています。また、この講座ではネイティブによる音声を使用して、音読の仕方に徹底的にこだわります。今まで、発音ができずに音読に挫折した人でも、絶対に挫折させることはありません! デタラメな音読とは決別です。英語なんてやれば誰だってできるようになる!Enjoy studying English!

90分×20回+講座修了判定テスト4回

東進の授業を体験する