2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1491人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
東北大学 文学部

島田菜桜子さん

東進ハイスクール長野校

出身校: 長野高等学校

東進入学時期: 高2・1月

所属クラブ: ソフトテニス

引退時期: 高3・7月

この体験記の関連キーワード

東進のように恵まれた環境はなかなかない

私は高校二年生の冬から東進に入りました。私は運動班に入っていて班活が忙しく、引退したのは三年生の七月の終わりでした。それまでは正直あまり計画通りに受講を進めることはできませんでしたが、班活が忙しくて東進に行けない日も自宅受講を行えたのはありがたかったです。私が東進に入ってよかったと思うことは主に二つあります。

一つ目は、過去問演習講座です。私はセンター試験が終わった後に志望校を変更し、過去問を一から解くことになりましたが、過去問演習講座では早く採点をしてくれて、また解説授業も見ることができたので、効率よい勉強を行えました。そして、わからないところがなくなるまで復習をしたので、自信がつきました。

二つ目は、環境です。東進に来るとみんなが勉強しているので、自分も頑張らなきゃとやる気が出ました。また、朝早くから夜遅くまで毎日空いていたので、勉強するときは迷うことなく東進へ行こうと思えました。こんな恵まれた環境はなかなかないと思います。

今回受験を終えてみて思うことは、やってきたことはすべて無駄にはならないということです。私は志望校を変更して、回り道をしましたが、結局納得できる結果が得られて良かったです。自分の決断に後悔せず、自分に自信をもって、目の前のことに集中することが大事だと思います!これからもそれを忘れずに頑張ります。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

岡本太郎の本を勧めてもらったこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

海外に行った話をしてくれたこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

毎月のようにあるので自分の学力の伸びを知ることができる。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

体験授業がよかったから。過去問演習講座があったから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

毎週みんなで学習の計画を立てたこと。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

少ない勉強時間の中で集中して勉強をしなければならなかったので集中力がついた。また、自分を信じることが大切だということを学べた。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

集中が途切れてしまったときは散歩に行くようにした。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

大学に行きたいという気持ちと、みんなの勉強している姿。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

旧帝大で、自分のやりたいことができると思ったから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

つらいが、自分を確実に成長させてくれる期間。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

目標をもって、やりたいことに突き進んでいく大人になりたい。

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座(併願校対策) 東北大学(全学部) 】
解説授業が分かりやすい。

【 現代文記述・論述トレーニング 】
記述の量が多くて力がつく。

友達にシェアする

 

現代文記述・論述トレーニング

最高レベルの記述・論述答案を仕上げるハイレベルトレーニング

林修 先生

難関国公立大を目標とした、ハイレベルな講義を展開します。国公立大の標準的な記述問題から、超難関レベルの問題まで段階を踏んでレベルアップし、独学では学習しづらい現代文の記述問題を、難関突破の切り札にできるまでに諸君を鍛え上げます。東大・京大志望者はこの講座を受講した上で、「東大対策国語」「京大対策国語」に進むと効果的です。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:難関国公立大二次試験レベルの記述対策が必要な生徒

東進の授業を体験する