2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1498人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
京都大学 法学部

下田多陽地くん

東進衛星予備校八事校

出身校: 名古屋大学教育学部附属高等学校

東進入学時期: 高1・3月

所属クラブ: 卓球部

引退時期: 高1・3月

この体験記の関連キーワード

高2の間に高3でする勉強を前倒し、結果として学力の向上に直結した

東進に入学して私は志望校を決めました。それまでは特に行きたい大学もなく、受験というものについても大して危機感を持っておらず、そろそろ勉強しようかな、くらいの軽い気持ちで体験授業に足を運びました。その際に志望校を聞かれ、自分が少しでも興味を持っている大学を列挙したところ、当時の校舎長から京都大学を目指してはどうかと言われ、結局そこを目指すことになりました。

最初は当面だけの目標のようなもので、入学できる学力が備わるとは思っていませんでした。それでもこうして合格できたのは、自らの努力をはじめとするいくつかの理由があると思います。

特に東進で成績が伸びた理由の1つに、自らのペースで受講を進められる、ということがあげられると思います。私は高校2年生の間に、本来高校3年でしなければいけない勉強を前倒しすることができました。そのペースを入試前まで継続することができたため、人より多くの勉強、とりわけ過去問演習に時間を割くことが可能になりました。それが結果として学力の向上に直結したのではないかと思います。

今後東進を使う人に対して、私は自らの体験から、先にも触れたとおり早くからの学習が重要であると思います。この「早く」というのは、高校3年の8月までのことです。この時期以降に過去問を行うことがなにより必要なことであると考えるからです。自分の受ける大学の傾向や難易度の把握、問題ごとへの時間配分などは、過去問を通してではないとわからないからです。そして実際の過去問を解くためには、当然基礎の把握が必要です。それを早期から行えた人が実際に合格していると感じます。

今後は受験勉強で培った物事を多角的視点からとらえ、論理的な思考を行うということを活かし、新たな範囲での学習を深めていきたいと思っています。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

模試は緊張感に慣れたり、自分の立ち位置を知るもの。母数が多いものをやるほうが良い。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

家から近かったから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

長い勉強の休憩として利用した。やはり脳の集中が切れた時には休んだほうが良い。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

毎日続けるなど、継続力。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

成績が伸び悩んだときは、自分の学習方法や、なぜわからないか、間違えたかを分析し、そのうえで人に相談するとよい。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

同じくらい、あるいは上のレベルの友人に進捗を聞いたり、他人が努力している様子を見ると刺激された。大学の公式サイトなどを見たり、実際行ってみるのもいいと思う。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

人間として試されているような、人生を決めるイベントであった。しているときはわからないが、終わると案外楽しかったように感じる。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

決定してはいないが、なるだけ多くの知を得て、多くの人間にプラスになるようなことをしたい。

Q
東進のおすすめは?
A.

実力講師陣
現代文の林先生、数学の長岡先生は大半の受験生が考えたことのない思考法を提供してくれるので是非。

高速学習
早期に基礎固め→過去問への移行ができることがよい。結果それが合否を分ける。

学力POS


Q
おすすめ講座
A.

【 現代文記述・論述トレーニング 】
現代文が必要な生徒はこれだけで充分。量も多く、回答の比較などを講義内で行うため、正しい回答と誤った回答の区別がつけやすくなる。

【 数学ぐんぐん[応用編] 】
同値関係をはじめとした、数学を考える基本が身につく。演習量、復習の量も膨大で、特に数学好きにおすすめである。苦手な人は、取ると地獄を見るため一考の余地あり。

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】
難易度別と違い、1つの講座で基礎的な英語力が全体的に身につく。話が聞きやすく、勉強の特価価値に最適。

友達にシェアする

 

現代文記述・論述トレーニング

最高レベルの記述・論述答案を仕上げるハイレベルトレーニング

林修 先生

難関国公立大を目標とした、ハイレベルな講義を展開します。国公立大の標準的な記述問題から、超難関レベルの問題まで段階を踏んでレベルアップし、独学では学習しづらい現代文の記述問題を、難関突破の切り札にできるまでに諸君を鍛え上げます。東大・京大志望者はこの講座を受講した上で、「東大対策国語」「京大対策国語」に進むと効果的です。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:難関国公立大二次試験レベルの記述対策が必要な生徒

東進の授業を体験する

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

今井宏 先生

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒

東進の授業を体験する