2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1499人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
東京工業大学 環境・社会理工学院

牧野桃子さん

東進ハイスクール新宿エルタワー校

出身校: 筑波大学附属高等学校

東進入学時期: 高1・9月

所属クラブ: ダンス部

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

東進の授業で、知識の抜けがなくなり、受験勉強にとても有効だった

私は、分からない部分を残したまま授業を終えることがとても嫌いでした。ですので、何度も止めたり巻き戻したりできる東進の映像による授業がぴったりだったと思います。

東進に通っているとき、特に高1や高2の時は、通年講座がいつまでたっても終わらないことに対してとてもつらく苦しい気持ちに悩まされましたが、高3になってだんだんと各教科の全体像がつかめるようになると、つらい気持ちは消えていきました。東進では、すべての授業が映像なので、「授業を休む」ことがありません。ですので、知識の抜けがなくなり、受験勉強においてとても有効だったと思います。

また、二次試験の過去問を添削してくれる講座では、数学の答案の書き方を学んだり、有効数字によって減点されることを痛感しました。これが一点を争う受験においてとても効果があったと思います。

今後の目標は、将来建築家になるために、たくさんの土地に足を運んでできる限り多くの建築物を見ることです。そのために早めに単位を取って時間を多く作ったり、留学をして、知識と技能を高めていきたいです。

最後に、私はCとD判定しか取ったことがなくても合格できることを知りました。ここで分かったことは、「人との学力の差」ではなく「自分と大学の距離」が大切だったということです。この判定にもかかわらず、私の希望を尊重してくれた担任の先生に感謝しています。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

勉強がうまくいかなかったときにそれを否定せずにいてくれたこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

難関大本番レベル記述模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

問題をもう一度解くことで、自分のレベルを確認することができます。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

部活が忙しく、時間が決まっている塾に通うことが難しくなったため。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

最後までやりきる力

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

高校三年生の夏休みまったく起き上がれず、塾にも行けなかった時期が1か月ほどつづいた。担任の先生がそれを否定せずに応援してくれたことで乗り越えられた。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

周りの人に志望校をいうこと

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

建築を学びたいから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

高校の学習範囲を極めるもの

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

人の心に響く建築物を作れるようになりたいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

【 実力のある講師陣 】


東進模試


過去問演習講座


Q
おすすめ講座
A.

【 微積もぐんぐん[理系微積分+α]-応用編- 】
解説がとてもためになったから。

【 過去問演習講座 東京工業大学 】
二次試験の添削によって、取れる点数を確実にとることの重要性に気づかされました。

【 難関化学PART2 】
反応機構から説明してもらえたので、わかりやすかったです。

友達にシェアする

 

微積もぐんぐん[理系微積分+α]-応用編-

―基本編―を基に、大学入試に対抗し得る真の微積分+αの実力を養成

長岡恭史 先生

近年理系入試において微積分が占めるウエートおよびその難しさが増しているが、正統的な努力による学習効果が最も効率よく現れる分野であることには変わりない。本講座では、微積もぐんぐん-基本編-を既習、若しくは教科書レベルは何とかなるという諸君を対象に、大学入試に対抗し得る理系微積分+αの真の実力の養成を図る。なお、教材は本問に必ずREV(自習用問題)を付け、真剣に大学入試に取り組む諸君にとって有益なものであると確信している。素直な心と困難に怯むことのない精神力を持って臨んでもらいたい。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:志を高く、これから上を目指すという気迫を持つ諸君

東進の授業を体験する