2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1493人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
中央大学 法学部

留目理珠さん

東進衛星予備校沼津駅南口校

出身校: 沼津東高等学校

東進入学時期: 高1・3月

所属クラブ: 軽音 部長

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

英語の基礎を二年生のうちに完璧にできた

私が東進に入学したのは、二年に進級する前の春休みでした。中学までの勉強の仕方が全く通用せず、成績も下がり始めたことに危機感を覚え始め、幾つかの塾を検討したのち東進への入学を決めました。入学を決めた理由は、進学実績、志望校合格へのプラン、講師陣の豪華さです。何より、体験授業で受けた志田先生のセンター対策1Aの分かりやすさに惹かれました。

大学受験を終えた今、本当に良かったと思っていることは、英語の基礎を二年生のうちに完璧にできたことです。まず高速マスター基礎力養成講座で単語、熟語、文法を完全修得し、その後も二年生のうちは単語300、熟語100、文法50と校舎長から推奨された数を毎日反復しました。冬ごろから反復する数を減らし、上級編等の数を増やしていきましたが、あの時の反復のおかげで単語や熟語で苦労することはその後ほとんどありませんでした。

そうして高速マスターを完全修得した後、渡辺先生の「システム英語文法編・構文編」で土台をしっかりと固めることができました。「システム英語文法編・構文編」は入試英語に必要最低限のことが詰まっていて、英語の勉強方法が分からない人には特におすすめです。

私は高三の十月から文転をしました。それまで国公立理系を志望していた私が私立文系に志望を変えたのにはもう少し早ければと後悔することもありますが、文系・理系どちらも重要視している英語を武器にできたことで文系科目の対策にそれほど苦労せずにすみました。受験校のほとんどが英語の配点が高かったのも、受験校を全て合格できた理由の一つと考えています。

また、私立文系志望であってもセンター試験(大学入学共通テスト)対策を怠らないでほしいと思います。受験をする際に複数の大学を併願する人がほとんどだと思いますが、センター試験はあらゆる範囲が網羅されて作られているため、センター試験対策をすることで自然と併願校対策もすることができます。私自身、本命であった立教大学以外の過去問は2年分ほどしかできませんでしたが、センター試験対策であらゆる形式、範囲の問題に触れたことが受験校合格に繋がったのだと思います。

中央大学・法学部法律学科は私にとってチャレンジ校で、模試判定もE判定ばかりでしたが、合格することができました。特に私立の受験において、模試はそれぞれの大学の問題形式と異なるためあまり判定はあてになりません。過去問を解いて問題形式に慣れて、合格点を安定して取れるようになることが大切です。合格最低点に届いたことがなくても当日いきなり取れることもあります。私も実際にそうでした。

また、私は部活では部長を務め、三年生の時の文化祭では祭典委員長という実行委員長のような役職でしたが映像による授業だったことで勉強と両立できました。ですから、これから受験生となるみなさんも諦めず、高校生活も楽しみながら当日まで頑張って下さい。

最後に、私はこれから中央大学・法学部法律学科で法律について学び、社会のなかで弱者と呼ばれるあらゆる人たちを守れる大人を目指していきたいと思います。具体的には法曹を目指して、司法試験合格を目指していきたいと思いますが、決して安くはない東進・大学の授業料をだしてくれたりといつも支えてくれる両親・祖父母など様々な方々に感謝しながら、自分を磨いていきたいと思います。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

効率の良い学習プランを常に提案して下さったので、成績の伸びが割と早く感じられました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

担任助手の方の学校生活の話を聞くことで、実感の湧かない大学生活が想像できるようになりました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

模試の後はすぐに自己採点し、復習をしてセンター過去問同様にまとめノートをつくることで同じ間違いを防ぐことができました。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

体験授業で受けた志田先生のセンター1A対策が分かりやすかったから。校舎長が提案してくれた学習プランがよかったから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

他の人の頑張りを見ることで、自分も頑張らなきゃと思うことができました。お喋りをするのも勉強の息抜きになりました。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

部活の活動は他の部活ほど忙しくありませんでしたが、部長の仕事や文化祭での祭典委員長の仕事は本当に大変でした。しかし終わってみると、仕事は充実しており主体性も身に付きました。バンドを組んで演奏したのは最高に青春してました!

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

今井先生と安河内先生の公開授業が新鮮で楽しかったです。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

もともとの志望大学を諦め、志望校がなかなか決まらず、何を学びたいかも分からなかったときは悩みましたが、人生経験豊富な尊敬している方に話をして頂き、前に進むことができました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

志望大学のパンフレットやホームページを見たり、Instagram等で検索したりしました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

法律について学びたいと思い、尊敬している方に中央大学の法学部を進めて頂いたから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

終わってみるとあっけないです。努力量も大事ですが、効率の良い戦略を実践出来た者勝ちのように感じます。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

昔から教育格差など子供の人権について興味がありました。大学で法律について学ぶことで、弱い立場の人たちの権利を守ることのできる大人に、具体的には今は法曹を目指しています。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
反復を徹底することで効率よく最低限の知識を身に着けることができたから。

実力講師陣
数学の大吉先生・志田先生、英語の渡辺先生・慎先生の授業は特に実力が伸びたと感じました。

過去問演習講座
センター2B対策の志田先生の解説は、要受講!と言いたいほど、分かりやすく、別解も時間の範囲内で多く紹介して下さるので様々な考え方が身に付きます。

Q
おすすめ講座
A.

【 受験数学Ⅰ・A/Ⅱ・B(応用) 】
この講座を予習・復習完璧にすることで、様々な考え方・解法が身に付いたから。基本的なことから授業に入るので、数学に苦手意識が少しあっても全く問題なく分かるようになったから。

【 文法-正誤問題- 】
正誤問題を設置している大学が多く、この講座を受講した後は過去問の点数が安定したから。

【 難度別システム英語 文法編Ⅲ 】
これで英語の土台を固めて、受験の武器にできたから。

友達にシェアする

 

難度別システム英語 文法編Ⅲ

英文法をじっくりマスターして一気に実力アップ!

渡辺勝彦 先生

この講座では、英文法の各項目の基本知識を確認し、入試文法問題に対応できる実戦力をじっくりと養成します。授業は、豊富な例文を使った解説から練習問題へ無理なく進んでいきます。予習→授業→復習→確認テストの順で、知識の理解と定着を丁寧に確認しながら着実に文法力をつけたい人にお薦めの講座です。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:高校基礎レベルの文法学習を修了している生徒

東進の授業を体験する