2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1501人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
北海道大学 法学部

鈴木克弥くん

東進衛星予備校大通駅4丁目校

出身校: 札幌東高等学校

東進入学時期: 高1・10月

所属クラブ: 野球部

引退時期: 高3・7月

この体験記の関連キーワード

合格は奇跡を起こすことではなく、当たり前を積み重ねた結果

僕の思う受験の本質は2つあります。

1つ目は、合格することは当たり前だということです。綺麗事とタイトルに書いておいていきなり大胆なことを言うなあと思われるかもしれませんが、正確には合格することは奇跡を起こすことではなく当たり前を積み重ねた先の結果に過ぎないという意味で捉えてほしいです。

僕なりの当たり前の一つは、受験生は生活の全てを合格のために捧げるべきという考えです。もちろん24時間勉強することは不可能ですし、遊ぶなと言っている訳ではありません。ただ、そこのバランスを考え有限かつ平等な24時間をどれだけ妥協せずに「受験」に懸けられるか。この受験生としての当たり前をほとんどの人が出来ません。だからこそ、この当たり前が合否を分けるのです。

バランスつながりで言えば、東進の使い方もバランスが肝心だと思います。学校の授業や講習、自宅での自習との自分なりのバランスを確立し、中途半端にならないことが一番大切です。ただ、正しく活用すれば東進は合格への最大の武器となるはずです。

ここまで偉そうなことを長々と述べてきましたが、それが出来るのは僕が受験に受かったからに過ぎません。結局の所、受験は結果がすべてであり、受験生は過程ではなく結果を追求すべきです。これが、僕の思う2つ目の本質です。ただ過程と結果は相反するものではなく、結果を出すための準備が過程であり、それにより生まれた結果によって初めて過程が評価されるのだと僕は思います。本当は頑張ってきた過程が大切なのかもしれませんが、それを振り返るのは合格してからでも遅くないのではないでしょうか。

最後に、受験勉強はやり方よりも在り方が大切だと思います。辛い時期があっても最後に笑えば全て過程に変わります。一見綺麗事とも思える「受験生」としての正しい在り方を一日一日積み重ねた先に、合格という最高の喜びがあなたを待っているはずです。覚悟を持って頑張ってください。応援しています。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

体調不良で力を出しきれなかったセンター試験のあと弱気になっていました。北大はもちろん、行ける大学なんてあるのかと高校生活で一番精神的に乱れました。志望校変更すら頭をよぎりましたが、出願を決める三者面談で塾長の方から「弱気になっている場合か」と怒られました。これまでの人生であまり勉強面で怒られたことがなかったので驚きました。それがきっかけで気持ちがブレずに二次対策に戻れました。東進は高校よりも近いところから見てくれている気がしました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

担任助手の先生にお世話になりました。受験期に2週間ごとに学習計画の振り返りをしてくれました。自分が立てた予定を見て的確なアドバイスをくれました。大きな修正はありませんでしたがOKが出たことで、これでいこうと自信を持てました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

特にセンター試験本番レベル模試は役に立ちました。定期的に弱点をあぶり出せるので、日々の学習計画を立てる上で役に立ちました。次の模試までに何の分野を何点伸ばすか。ゆえに今週何を学習するのか、など毎日の勉強を具体的にできたのはセンター試験本番レベル模試のお陰です。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

野球部と両立できるカリキュラムだったからです。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

将来は政治に関わりたいと思っています。それが市なのか県(道)なのか国なのかは見えていません。上からな言い方ですが、何かを地域にあたえる側になりたいと思っています。振り返ると常に周りに与えてもらってきた17年間でした。ですのでこれからはその逆になりたいです。考えるきっかけになったのは2018年の北海道地震でした。社会に出たら社会の基盤を作り・支える仕事がしたいと思っています。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
アウトプットの力が効率よく高められる。特に二次試験は復習のやり方に差が出やすいので、解説授業と添削があるのは本当に助かりました。

高速マスター基礎力養成講座
部活の忙しさが季節によって変わるので「急げる時に急ぐ」ができる東進のシステムは自分にはフィットしました。

担任指導


Q
おすすめ講座
A.

【 現代文記述・論述トレーニング 】
現代文は学習しにくい科目だと思います。その中でテクニックに走らず本質を学べるこの講座はおすすめです。本質の考え方を身につけることで、その後の過去問演習が身のあるものになりました。

【 テーマ別数学Ⅰ・A/Ⅱ・B 】
解法を暗記するのではなく、問題へのアプローチの仕方を教えてくれる授業。問題と対面した時に、覚えたことをどう頭から出していけばいいのかがクリアになりました。

友達にシェアする

 

現代文記述・論述トレーニング

最高レベルの記述・論述答案を仕上げるハイレベルトレーニング

林修 先生

難関国公立大を目標とした、ハイレベルな講義を展開します。国公立大の標準的な記述問題から、超難関レベルの問題まで段階を踏んでレベルアップし、独学では学習しづらい現代文の記述問題を、難関突破の切り札にできるまでに諸君を鍛え上げます。東大・京大志望者はこの講座を受講した上で、「東大対策国語」「京大対策国語」に進むと効果的です。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:難関国公立大二次試験レベルの記述対策が必要な生徒

東進の授業を体験する