2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1501人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
九州大学 理学部

尾中裕紀くん

東進衛星予備校福岡大橋校

出身校: 筑紫丘高等学校

東進入学時期: 高2・12月

所属クラブ: クイズ研究会 会長

引退時期: 高3・7月

この体験記の関連キーワード

自己分析の大切さ

これを読んでくれている方の中には、受験に向けた不安が少なからずある人もいるかもしれません。僕も1年間不安に苛まれることもありましたが、何とか合格を掴み取ることができました。

僕が最も伝えたいことは、自己分析の大切さです。そして東進には自己分析を助けてくれる仲間・先生たちが多く揃っています。

ここで、僕のこの1年間を振り返ってみたいと思います。

4~7月は、クイズ研究会の会長として部活を頑張りつつ、受講講座を必死に進める毎日でした。引退時期は各々違うと思いますが、基本的に引退までは、5:5と言わず、10:10の気持ちで勉強と部活の両方を全力でやるべきだと思います。

8~10月には受講をすべて終え、過去問演習に着手しました。センター対策を中心に、時々二次試験対策も行い、理解が足りなかったところを復習する、というルーティンにしました。しかし、この頃受けた全国統一高校生テストでは、第一志望である九州大学がE判定でした。センター過去問は5年分くらい解き終えていたため、相当ショックでした。このままではいけないと思い、原因を徹底的に分析しました。勉強法を変え、過去問の使い方も考え直しました。

11~12月では、過去問に加え大問分野別演習を解きまくり、さらに定着を図りました。12月の最終センター試験本番レベル模試では残念ながら判定は上がらずE判定でしたが、特に強化した科目で結果が出たので、やり方は間違っていないと確信しました。センター試験までのラスト1か月で他教科も詰め、本番ではA判定を出すことができました。センター試験後に、二次過去問をたくさん解き、結果として第一志望現役合格を勝ち取ることができました。

僕のターニングポイントは間違いなく10月です。ここで舵を切れなければ、合格はなかったと思っています。東進の教材はとてもわかりやすく、講座や高速マスター基礎力養成講座の活用は必須です。ですが結局それらは道具にすぎず、どう使うかはあなた次第です。「どういうペースで進めるか」や「目的は何か」を意識すれば効果は何倍にもなります。偉そうに語っていますが、僕も長い間暗中模索の日々でした。合格した今、やっと「間違っていなかった」と安堵しています。正解かどうかは合否発表の日までわかりません。正しいと感じた道を、必死で。試験当日、自分のことを信じられるように、過程を全力で。それさえできればきっと大丈夫、何とかなります。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

講座受講にしろ高速マスター基礎力養成講座にしろ、無茶な計画は決して提案せず、クリアしやすいように設定してくれました。なかなか結果が出ないときも、決してネガティブな発言はせず、応援してくれました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

登下校時にたくさん声掛けしてくれました。部活の話、学校行事の話、好きなアイドルの話…などなど。勉強のモチベーションアップにつながりました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

自分の実力(順位)をざっくり知ること。得意・苦手科目を区別し、その原因を分析して、その後の学習計画を練るのに役立てること。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

周りの友達がたくさん通っており、母に勧められたから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

ほかのメンバーと目標の達成度を競いました。また、勉強法や教材の活用方法を聞いて、参考にしました。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

とにかく気を付けていたのは、「どちらかをどちらかのせいにしない」こと。部活は大好きだったし、勉強は当然大事なので、どちらも7月までは全力でやると両親や友達に宣言していました。

Q
夏期合宿・冬期合宿に参加した経験があれば、参加して良かったことを教えて下さい。
A.

夏季合宿は、部活引退直後、スイッチを勉強に切り替えるのにとてもいいです。冬季合宿は、最後の追い込みを孤独にならず仲間とできること、それでいてバチバチに競えることが利点です。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

合宿は完全に外界との接触を断っているので、いつも以上に勉強に集中できます。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

10月は勉強量は多いのに点数が伸びない、つらい時期でした。なぜ点数が伸びないか自分なりに分析し、勉強法を変え、大問分野別演習などを活用して乗り越えました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

たくさんある趣味のほとんどを禁止する生活を送っていましたが、一番の趣味だけはまったく我慢しないと決めていました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

県外に出る動機はなかったので、県内で一番高い目標に設定しました。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

一つの目標に向かって、これまでの人生で最も努力した期間でした。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

僕の夢は高校教師になることです。僕が小さいころ勉強にする楽しさを知ったように、僕も教え子に勉強する楽しさを教えたいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
学校の授業をもう一度さらえること。また、学校とは違う考え方を紹介されることも度々あり、一つの問題に2つ、3つとアプローチの仕方を学ぶことができること。

【 過去問演習講座 センター対策 】
自分の理解度を図りながら、実力を少しづつつけてくのに役立つこと。大問別と合わせて活用すれば、単元別に集中的に強化することもできること。

東進模試
自分の現在の実力を知ることで、その後の学習計画に生かせること。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード物理 PART1 】
力学へのアプローチを反復して教えてもらえるので、定着しやすいこと。

【 スタンダード物理 PART2 】
電磁気分野は高校物理でも最もとっつきにくいです。しかしこの講座では導入からゆっくり丁寧に解説されるので、「学校でついていけていない」と感じる人も取り掛かりやすいと思います。

【 受験数学Ⅰ・A/Ⅱ・B(応用) 】
解法がとにかく懇切丁寧に解説されるので、わかりやすいこと。別解も教えてもらえるので、同じ題材に対していろいろなアプローチを知ることができること。

友達にシェアする