2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1491人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
早稲田大学 社会科学部

狩野真之心くん

東進ハイスクール市川駅前校

出身校: 市川東高等学校

東進入学時期: 高2・12月

所属クラブ: サッカー部

引退時期: 高1・10月

この体験記の関連キーワード

疑問に対して自分なりの解決策を模索する

僕は東進に入ったときの学力が本当にゼロでした。最初は何もわからず、ただ受動的に受講を受けているだけでしたので、模試で全く結果が出ず、悩んでいたのですが、担任助手の方々から様々な具体的なアドバイスをもらうことで、徐々に勉強法や姿勢が改善されました。

そのアドバイスの中で僕が一番役に立ったと感じているのは、しっかりと計画を立てるということです。時間的な計画だけでなく、科目をどう伸ばしていくかを考えることが成長につながったと感じています。これを意識することで、ただ勉強している状態になりませんし、自分にあった勉強法が見つかると思います。いきなり長期的な計画を立てるのは難しいと思うので、最初は模試を目安にやるのがおすすめです。

また、僕が一番大事だと感じたのは、疑問に対して自分なりの解決策を模索することです。解けなかった問題も、すぐに答えを見るのでなく、一度自分なりの答えを出してから解答を見たり、担任助手の方に質問することで、自分の中で強く印象に残り、結果的にすぐ定着しました。根拠をしっかりと持ち、法則をつかむことで、同形式の問題に強くなり、応用することも比較的早くなったと思います。

最後に、自分の弱点に向き合うことです。自分の弱点のというのは見方を変えれば、得点の上げどころです。対峙することは辛いですし、苦痛ですが、伸びしろを期待して取り組んでください。受験直前になってくるほど、その恩恵の大きさが身に染みて分かると思います。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

最初の指針や、やるべきことを示してくれた。積極的に相談に乗ってくれて、やる気を引き出してくれた。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

色々なことを気軽に相談できた。また、よく諫言をくれた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

自分の実力が分かったことと、本番のシミュレーションができた。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

最大手だと思ったからと、cmでよく見かけて、講師の方々に興味を持っていたから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

勉強法などを共有することができて、いい刺激となった。

Q
夏期合宿・冬期合宿に参加した経験があれば、参加して良かったことを教えて下さい。
A.

同じ目標を持つ友達ができたことで、いい刺激になった。世界は広いのだと思った。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

できるようになったあとのことを考えたり、乗り越えることで得るであろう恩恵のことを考えた。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

第一志望のことを意識し、やる気を高めた。また、自分にやらなければいけないと思い込ませた。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

社会学を学びたい気持ちがあったのと、できるだけ上の大学に挑戦したかった。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自分が変わるきっかけになったし、本気で打ち込むことが大変だけど達成感のあるやりがいが大きいものだと知ることができた。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

何かしらの形で人の助けとなれるような職について、社会に貢献したい。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
先取り学習ができるために、自分のペースで多くの量を短期間で学習することができた。

過去問演習講座
過去問に対してどのように対策すればよいのかなどが具体的に分かった。また、本番形式で解くことができたので、実際の試験と近い形で解くことができた。

担任指導
ちゃんと管理されることで指針がはっきりとしたことと、サポートを受けたことが本当に大きかったと思った。

Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 センター対策 】
英語と国語では、演習をすることで、科目に慣れることができたし、自分の弱点をあぶりだすことができた。演習量を確保できたので、自信を持って本番に臨めた。

友達にシェアする