2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1499人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
九州大学 工学部

井口誠大くん

東進衛星予備校前原中央校

出身校: 筑前高等学校

東進入学時期: 高2・3月

所属クラブ: 剣道部 部長

引退時期: 高2・3月

この体験記の関連キーワード

受験勉強は早く始めるのに越した事はない

僕が東進に入学したのは、高校2年の終わり頃でした。模擬試験の点数を上げようと思い、同じクラスだった友人に紹介されたのがきっかけでした。英語を苦手にしていた僕は受講で文法を理解し、高速マスター基礎力養成講座で単語・熟語を毎日やりました。英語は受験本番の直前で勉強しても高得点は取れないと先生から聴いていたので、コツコツやることを心掛けて取り組みました。さらに学習の範囲に偏りが無いようセンター試験レベルも二次試験レベルもこの時期から演習しました。 

高校3年生の1学期頃は範囲の広い理科が苦手に感じていました。学校の先生の授業も出来るだけ1度で理解しようとしました。それでもまだ足りないと思い、化学は教科書からしっかりと復習し、物理でいちばん役に立ったのは、東進の「スタンダード物理」でした。あの講座を受講してから物理を得点源にすることが出来ました。 

数学は、学校で受ける模試でも、東進で受ける模試でも、記述は高得点だったのですが、センターレベルの様な基本的な問題を苦手にしていました。きちんと理解出来ていない事が原因だと思った僕は、理科を克服し始めた6月頃から、あらゆるパターンの、特に教科書の例題に取り組むことにしました。そして基礎が整ってから応用問題を解くようにしていきました。 

第一志望に合格出来た理由として、例えば土日に10時から塾に行くと決めたことよりも、それを一人で実行したからではなく、同じ塾に通う友人たちと一緒にやった事だと思います。友人たちと共有することによって、勉強をやりたくない時でも、自分だけ休むわけにはいかず、受験本番までその習慣を続けることが出来ました。 

受験勉強は早く始めるのに越した事はありません。後輩の皆さんの1日でも早いスタートを願っています。第一志望合格を目指して頑張ってください。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

本番まで残り時間がわずかな時期、何を優先して勉強すべきか教えてくれたこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

担任助手の先生は各教科の具体的な勉強法を細かく指導してくれたこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

難関大本番レベル記述模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

高3の序盤から難しい問題に触れることが出来るため、自分の実力不足を知るのにぴったりだと思う。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

グループ・ミーティングが息抜きの時間だった。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
自分で学習すると採点の基準がわからないが、東進では採点があり、とても役に立った。

実力講師陣
全国トップクラスの講師陣がどこでも受講できる。

高速マスター基礎力養成講座
単語を毎日の習慣にして、受験直前も使っていた。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード物理 PART1 】
確実に理解できるし、とにかく点数が上がる講座。本当に凄いと思っていた講座。

友達にシェアする