2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1491人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
九州大学 工学部

平野樹くん

東進衛星予備校小倉平和通校

出身校: 九州国際大学付属高等学校

東進入学時期: 高1・4月

この体験記の関連キーワード

勉強する習慣ができた

僕は公立高校に合格することができませんでした。英進館に通っていたので担任の先生に伝えたところ「大学受験でリベンジしてみないか。」と言われ、東進に通うことを決意しました。

東進に入ってよかったと思うことが二つあります。一つは勉強する習慣ができたことです。僕は英語が大の苦手で授業以外では勉強をしていませんでした。しかし、一番最初に受けた渡辺先生の授業を聞いていると、英語だけでなく、今何をしなければならないのかや、三年間の英語の計画なども教えてくださり、英語に対するモチベーションがあがり、だんだん勉強することが楽しくなってきました。

二つ目は質の高い環境で勉強ができるということです。僕の高校では、放課後になると友達と廊下や教室で話をしたりしてあまり勉強できる環境ではありませんでした。しかし、東進に通っている生徒は目標があり、日々それに向かって努力しているのでモチベーションが高い人たちと勉強できることは一人で勉強できなかった僕にとってとてもプラスになりました。

最後に僕は現役で九州大学に合格することができましたが、その裏には、三年間僕の面倒を見てくださった大学生の方々や、今までずっと支え続けてくれた家族がいたからだと思います。東進で学んだことを活かして大学でも精進したいと思います。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

志望校を決めるときに一緒に悩んだこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

受験のアドバイスをもらったこと

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

一年に六回もありそれぞれに解説授業がついているのでとても役に立った

Q
東進を選んだ理由
A.

高校受験で失敗したので、大学受験でリベンジしたいと思ったから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

当時の状況を共有する

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

三年の八月までセンター物理化学が20点で地理が40点だったけど最後まで諦めずに対策したら本番までに八割に持っていけたこと。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

東進の生徒のなかで、心のなかでライバルを作る

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

当時はつらかったけど、今振り返ってみると楽しかった。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

人に流されない人になる。

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 新 難度別システム英語 文法編Ⅰ 】
私の英語嫌いが無くなったから

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】
とても分かりやすかったけど、面白すぎて校舎で受けると爆笑して周りの人に迷惑かけると思ったので家で受けました。

【 ハイレベル物理 力学 】
三回目聞いて理解したときに感動しました

友達にシェアする

 

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

今井宏 先生

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒

東進の授業を体験する