2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1491人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
筑波大学 生命環境学群

大家日向里さん

東進衛星予備校金沢有松校

出身校: 金沢泉丘高等学校

東進入学時期: 高1・3月

所属クラブ: 陸上競技部

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

高校数学の内容を先取りしていたおかげで、数学が得意科目になった

私は、高校入試が終わった次の日から東進に通い始めました。高校1年生の時から大学入試の情報をたくさん得ることで、モチベーションを高く保てたのはとても良かったと思います。

東進コンテンツとして高校数学の内容を先取りしていたおかげで、高校での数学の授業を復習の機会にすることができ、気がつけば数学が得意科目になっていました。この習慣を続けたことで、数学は間違いなく自分の武器になり、合格の決め手にもなりました。

また、センター試験と二次試験の過去問10年分をきっちりやり遂げる力も同時につけることができたので良かったです。

東進の学習システムは、自分が模試でこれまでに取った点数が一目で分かるようになっているし、2ヶ月に1度のペースで行われるセンター試験本番レベル模試では、合格者平均点と自分の点数を比べられるのがとてもタメになりました。高校3年生の10月で初めて合格者平均点を上回った時には嬉しくて、すごくやる気が湧きました。

この3年間、本当にたくさんの方々にお世話になりました。担任の先生や担任助手の方々は、私の部活動が週5日ある中でも生活習慣が怠惰なものにならないように、定期的に学習計画を立てる面談をしてくださいました。進路相談にものっていただき、自分の一番行きたいと思える大学を見つけることができ、合格を勝ち取ることができました。

また、毎日夜遅くまで東進で勉強する友達がいたことで、「私も負けていられない」と思うことができ、最後まで粘り強く勉強を続けることができました。そして何より、平日だけでなく土日もお弁当を作ってくれたお母さん、毎日送迎してくれたお父さん、本当にありがとうございました。合格が決まった時も「よくがんばったね」と言ってくれて、自分のことのように喜んでくれて、私も嬉しかったです。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

3年間毎月のように面談してくださいました。私が生活習慣を改善できたのは、担任の先生のおかげです。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

定期的に自分の立ち位置を知ることができ、苦手科目・単元を見つめることで、学習の指針になりました。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
その他を選んだ場合はこちらに記入して下さい。
A.

中学生時に所属していた塾の先生の紹介

Q
東進を選んだ理由
A.

中学時の学習からスムーズに継続できる環境が整っていたから。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

週5日の活動で体力・忍耐力がつきました。北信越大会にも何度か出場し、勉強にも通ずる集中力が身につきました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

弱点科目は集中して勉強しましたが、本音をいうと、結局克服しきれなかったように思います。ただ、志望校の受験対象科目をきちんと調べて、途中から理科の受験方式を(専門2科目)⇒(専門1科目+基礎2科目)に切り替えることで合計得点がUPし、さらにセンター試験科目の得点圧縮で合計得点に占める割合が3%UPしました。合格可能性を上げるために、情報を入手して手を尽くすことが大切です。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

周りの人に感謝の気持ちを持つことです。疲れていたり、やる気が出ない時は、応援してくれている人のことを思い浮かべて、気持ちを奮い立たせていました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

高校2年生の冬に決めました。国際的な視野で農学を学べることを知ったのがきっかけです。二次試験の受験科目も英語と数学の2科目で、私に合っていました。ただ、初めて二次試験の過去問を解いた時は、あまりにも難しくて「これは無理だ」という感想を抱いたことを覚えています。それでも、これまで積み上げてきた学習を信じて粘り強く取り組むと、できる問題が少しずつ増えていって、気がつくと自分の当たり前のレベルが底上げされたのか、合格ラインの解答が書けるまでに成長していました。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

人生を賭(懸)けた戦い

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

農学は人の食生活の土台になるものであり、ある意味、一番大切です。より美味しく、より安全で、より環境にやさしい農作物を育てる技術を学んで実践できるように、高校で学んだ知識に磨きをかけて、様々な実習にチャレンジしていきます。国際的な視野を持てるように留学も考えています。少しずつ学びの専門性を高めていって、自分にしかできないことを成し遂げられるような、そんな人を目指します!

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
センター試験、二次試験ともに10年分全科目を完遂しました。点数が低かった時は解き直しにもこだわりました。その土台があったので、志望校と似た傾向の他大学の問題も解いて、さらに自信をつけました。

担任指導
担任の先生は、3年間毎月のように面談してくださいました。私が生活習慣を改善できたのは、担任の先生のおかげです。

東進模試
定期的に自分の立ち位置を知ることができ、苦手科目・単元を見つめることで、学習の指針になりました。

Q
おすすめ講座
A.

【 高等学校対応 数学Ⅰ・A-標準- 】
学校の授業の先取りで受講すると、学校の授業が復習になって理解が深まり、数学が得意科目になりました。

【 高等学校対応 数学Ⅱ-標準- 】
学校の授業の先取りで受講すると、学校の授業が復習になって理解が深まり、数学が得意科目になりました。

【 高等学校対応 数学Ⅲ-標準- 】
学校の授業の先取りで受講すると、学校の授業が復習になって理解が深まり、数学が得意科目になりました。

友達にシェアする

 

高等学校対応 数学Ⅰ・A-標準-

高校の教科書を徹底理解。先取り学習で入試準備に力を発揮します

"学校の数学Ⅰ・Aの教科書の完全理解を目標に、単元・項目別に基礎事項を丁寧に解説し、演習により徹底的にマスターします。
以下の単元は講習講座のみの設置です。数学Ⅰ・Aをマスターするための必須講座です。
データの分析(90分+演習)×3回+講座修了判定テスト1回 担当講師:志田 晶先生
整数の性質(90分+演習)×4回+講座修了判定テスト1回 担当講師:大吉巧馬先生
図形の性質(90分+演習)×4回+講座修了判定テスト1回 担当講師:大吉巧馬先生"

90分×25回+講座修了判定テスト6回

対象:学校の数学Ⅰ・Aの教科書の節末問題までのレベルを完全マスターしたい生徒

東進の授業を体験する

高等学校対応 数学Ⅱ-標準-

高校の教科書を徹底理解。先取り学習で入試準備に力を発揮します

数学Ⅱの教科書の完全理解を目標に、単元・項目別に基礎事項を丁寧に解説し、演習により徹底的にマスターします。

90分×24回+講座修了判定テスト6回

対象:学校の数学Ⅱの教科書の節末問題までのレベルを完全マスターしたい生徒

東進の授業を体験する