2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1497人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
筑波大学 生命環境学群

田中響くん

東進ハイスクール田無校

出身校: 武蔵高等学校(都立)

東進入学時期: 高2・8月

所属クラブ: バレーボール 副キャプテン

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

成績向上や部活、学校行事との両立だけでなく、本当に自分がやりたいことに気付けた

東進に入学する前は部活の疲れを言い訳にして定期テスト前以外はまったく勉強をしておらず、当時の学力はその頃の第一志望校とはかけ離れていてなんとかしなければとは思っていたものの自分で勉強するということが苦手だったため高2の8月から東進で受験勉強を始めました。

高3の6月までは部活を続けていて秋にある文化祭のクラス代表もしていて他の受験生よりも勉強時間は少なかったかもしれませんが、こうした経験は高校生のうちしかできないものなので今高校生なら部活や学校行事に全力で取り組むことをおすすめしたいです。

部活をしていた頃は疲れを言い訳に家に帰りたくなりながらも同じ部活の友達と一緒に力を振り絞り東進へ向かって、毎日登校して高速マスター基礎力養成講座の1ステージ合格と1コマ受講することを心がけていました。この頃身につけた単語力、熟語力、文法力は受験勉強をしていく上での土台になりました。

まず最初に重点的に取り組んだのは英語でした。東進の受講の中で圧倒的に好きだったのが今井先生の授業でこの方のおかげで英語を伸ばすことができました。ただ受講して復習して確認テストに臨むだけではなく、授業で扱った英文を30回音読するというシンプルながらもとても有効な勉強法を教わりました。

この30回音読するという勉強はかなり辛いものではありましたが、その効果は単語力などの向上と合わさるととてつもないもので、4ヶ月足らずで東進のセンター本番レベル模試の200点満点の英語の点数を50点ほど上げることができました。この英語の伸びは他教科を勉強する時の自信にもなりました。

話は変わりますが、志望校決定についての話になります。自分は元々鉄道などに興味があったため、土木や交通系の学部学科を受験しようと思っていました。そして高2の2月ごろにレベルが高く自由な校風のある京都大学の工学部を目指すことにしました。そして高3の7月に東進の夏期合宿に参加することを決めました。それに参加する前に自分の将来の夢や何のために第一志望の大学を目指すのかということなどについて自分の意見をまとめる志作文を書き、そのときに今まであった頭の中のもやもやが少し晴れた気がしました。

というのもその根本に自分は地理が好きだということがあるのに気付いたのです。この思いは少しずつ強くなり、10月に地理を学べる学部に志望を変え、この学部が文系か理系か関係なく受験できることから配点と自分の得意科目から考えて文系受験をすることに決めました。当然このことには周りから反対されることもありましたが、両親や自分の担任助手の方にも理解をしてもらえて応援もしてもらいました。

結果、この受験期という間に自分の本当のやりたいことを志作文のおかげで見つけることができ、勉強に没頭することができたということは他には変えられない経験だと実感しています。さらに僕はこの受験を通して自分の強さや弱さも知ることができたと思います。

成績向上や部活、学校行事との両立だけでなく、同じグループのみんなと一緒に勉強したことや本当に自分がやりたいことに気付けたこと、どれも東進のおかげです。僕の体験記はほんの一例にしか過ぎませんが参考になるとうれしいです。大学受験を自分と向き合うチャンスだと思ってがんばってください!

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

担任の先生のおかげで自分のやりたいように東進で勉強することができました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

うまくいかないときにも励ましてくれて受験を乗り切ることができました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

他の塾や予備校の模試とは違って1年を通して出題範囲や難易度が変わることないので、自分の弱点や勉強の成果などが良く分かります。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

当時はそろそろ受験勉強を始めなければという焦りから色々な塾に体験に行ってみたところ、東進の他の多くの塾や予備校とは違って質の高い授業を自分のペースで受けられるという点が部活を引退するまでは部活優先でやっていこうとしていた自分のビジョンにあっていたため東進に入学することを決めました。また、通っていた高校と自宅のほぼ中間地点に東進があり、自分と仲の良い友達が通っていたということなども東進への入学の決め手となりました。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

同じ空間で一緒に勉強したことでお互いを高めあえ、苦しい時もともに乗り越えることができました。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

部活や学校行事に全力で取り組むことでその分勉強にも打ち込むことができました。

Q
夏期合宿・冬期合宿に参加した経験があれば、参加して良かったことを教えて下さい。
A.

周りのレベルの高さだけでなく志の高さも知り、自分を高めることができました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

試験までは何度も辛い時期はあったけど、支えてくれている沢山の人たちの応援のおかげで乗り越えられました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

頑張る自分を褒め称えることです。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

就職などは深く考えず、いま自分がやりたいことができるところを志望校にしました。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自分と向き合ういい機会でした。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

自分の好きな地理や地球科学分野をきわめて、何かしらの形で世の中に貢献したいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
特定の科目や分野を短期間で効率よく学習することができます。

高速マスター基礎力養成講座
単語帳が苦手な人でも抵抗無く単語などの勉強をすることができます。

実力講師陣
どの先生の授業も分かりやすく実力をつけやすいです。

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】
文法だけでなく英語を基礎から教えてもらうことができ、授業中の小話がためになる上面白いです。

【 今井宏のA組・英語上級パワー養成教室 】
英文は難しいものばかりだけれど、分かりやすい解説をしてくれて面白く英語を楽しく学習できます。

友達にシェアする

 

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

今井宏 先生

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒

東進の授業を体験する