2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1491人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
愛知教育大学 教育学部

橋本陽央くん

東進衛星予備校藤が丘駅南校

出身校: 東邦高等学校

東進入学時期: 高3・9月

所属クラブ: 軟式野球 副主将

引退時期: 高3・7月

この体験記の関連キーワード

純粋に受験勉強ができる時間は極端に少ない、できるだけ早く受験勉強を始める

僕が東進に入って良かったことは3つあります。

1つ目は受講です。僕が苦手な単元は受講して、確認テストを受けて苦手を克服していました。また映像による授業なので難しい内容のところは理解するまで何回も見れて良かったです。そのおかげで今まで点数が取れなかった単元を得意な単元にすることができました。

2つ目は自習ブースを使えたことです。僕は家では全然勉強できないので時間がある時はいつも東進にきて自習ブースで勉強していました。自習ブース内はとても静かで勉強に集中することができました。

3つ目は週一回のグループ・ミーティングです。受験期間中は勉強ばかりで疲れが溜まることが多かったですが、グループ・ミーティングでみんなと話すことで疲れを飛ばすことができ勉強に集中できました。 

次は僕が入試を乗り越えてきたからこそわかることを後輩のみんなに伝えたいと思います。

まず受験とは情報収集力、学力、精神力の戦いです!情報収集力とは大学ごとで違う入試方式、入試日程、必要科目などの情報であったり、自分の苦手な教科、苦手な分野、新しく始まる大学入学共通テストの詳細な情報などを手に入れる力のことです。たくさん情報を持っている人の方が効率よく学力を上げることができたり、迷わず勉強することができます。

次に学力についてです。学力が必要なことは誰でも考えると思います。入試の日に他の人よりたくさん点数を取れば合格の確立が高くなるということです。そして他の人より精神力がある人の方が合格する確率が高くなるということです。それは周りの人が推薦入試やAO入試などでどんどん合格していき、合格した人は遊びまくって、自分は1つも合格が出てなく、どれだけ受験しても合格が出ないという状況になったとき精神力がないと心が折れてしまうかもしれません。

また最後まで戦い続け、ほかの誰よりも第一志望の大学に入学したいという強い意志、不合格になっても立ち上がる根気強さが重要です。そのため精神力も受験を勝ち抜くには必要な要素の1つだと思います。しかし自分には精神力がないからといって落ち込んだり考え込んだりする必要はありません。なぜならただ1つだけ精神力を補えるものがあります。それは学力です。

学力を上げて、上げて、上げまくれば入試で不合格になる確率が減るから精神力はそれほど必要なくなるのです。このことを踏まえて考えると学力を上げるのが大学受験を成功させるための最短ルートです。僕も受験期間中は合格するための近道を探しに探し続けていましたが結局、学力を上げる以外ありませんでした。そして学力を上げるためにはいち早く受験勉強を始めることです。

僕も勘違いしていて、皆さんも勘違いしていると思いますが受験勉強とは難しそうな参考書とか、問題集とかをやることではなく、教科書やいつも使っている問題集にある基本例題、基本問題を繰り返しやってどんな基本的な問題でもできるようにすること、英単語帳、古典単語帳を毎日少しずつやって語彙力をつけること、定期テストや模試を受けた後にできなかった問題をできるようにすること、1か月後にもう1回解いてできるか確認すること、日ごろの授業を寝ないでしっかり受けるというような簡単なことをしっかりこつこつやっていくことが受験勉強です。

このような基本的な勉強の次に過去問をやるとか予想問題をやるということになっていきます。基本をしっかりできるようになってから難しい問題をやることで模範解答を見ても理解できないとか、問題が分からなさ過ぎて挫折するようなことはなくなると思います。

次は入試までの残り時間についてです。早い入試で8月ぐらいから始まるAO入試とかもあり、時間があまりありません。また今後「大学入学共通テストまで〇〇日ですよ~」とかを耳にすることが多くなっていくと思います。たしかにこの数字は事実なのですが勘違いしてほしくないことは学校の授業、睡眠の時間、部活の時間、大学の情報を調べる時間、推薦入試とAO入試の人は志望理由書を書く時間、面接と小論文を練習する時間なども〇〇日に含まれているということです。

これだけではなくどうしても勉強をするやる気が出ない日、体調を崩して勉強することができない日、不合格の通知を受けてメンタルボロボロで何もできない日なども含まれています。つまり純粋に国語、数学、英語などのいわゆる受験勉強ができる時間はあと〇〇日よりも極端に少ないです。先生方や先輩方が言う「時間がない、1分1秒を大切にしろ」というのはこのようなことが背景にあることを受験が終わるまで頭に入れておくといいと思います。 

ここまできついことをたくさん書きましたが少し前に現役受験生だった僕が実際に経験した現実です。もしこれを見て少しでもやばいと思ったのなら次の放課後でも家に帰ってからでもいいのでできるだけ早く受験勉強を始めて第一志望校合格を目指しましょう。

僕は厳しい受験を何とか乗り越えました。第一志望の合格が分かったときには苦しみに耐えたからこその今まで感じたことのない達成感がありました。みなさんもこのような達成感が味わえるように頑張って勉強してください。心から応援しています。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

説明会をすっぽかして手帳を持てって言われたこと

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

質問にわかりやすくおしえていただいたこと

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

自分の苦手なとこを見つけてそこを勉強する。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

3年の8月に自分で勉強できなっかたのでどこかの塾に入らないといけないと思いました。そして入る時期が遅かったので実績のある塾に入ろうと思ったから東進を選びました。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

くだらない会話が面白かった。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

忍耐力、精神力が身についた。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

とにかく成績が上がることを信じ続ける

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

受かった時の自分を想像する。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

教員免許が取れるから

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

地獄

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

学校の先生になり私が独立自尊の社会・世界に貢献する人財を育てられる人になる。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座


学力POS


東進模試


Q
おすすめ講座
A.

【 高等学校対応 化学 有機化学① 】
板書がきれいでわかりやすい。

【 高等学校対応 化学 有機化学② 】
板書がきれいでわかりやすい。

【 安河内哲也の大逆転!(激)頻出英語!総チェック 】
安河内先生の授業に勢いがあって気分が上がった。

友達にシェアする