2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1498人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
東京理科大学 工学部

田澤雄祐くん

東進ハイスクール横浜校

出身校: 逗子開成高等学校

東進入学時期: 高2・9月

所属クラブ: 奇術部

引退時期: 高2・3月

この体験記の関連キーワード

自分の思い通りに、時間割を組むことが出来る

僕が東進ハイスクールに入学したのは高2の中頃と比較的遅かったのですが、ほかの塾と異なり、自分の好きなように受講ができるので自分が受けたいと思った講座はすべて受講を終えることができました。特に、僕はハイレベル物理という理解するのに時間がかかる講座を受講していたのでとても大変でしたが、東進で受講をした後に復習をする際にわからないことがあっても担任や副担任の先生に質問をしたり、家に帰って自宅受講をしたりすることですぐに問題を解決することができたのでとても効率よく勉強することができました。

また、受験までの日々はとても長く途中でだらけてしまうこともあったのですが、とりあえず東進に行ってみるとなんかやらなきゃという気持ちになって勉強をつづけることができました。大学生活は受験勉強よりも大事な期間だと思うので新しい生活を楽しみながらもこつこつと努力をしていきたいと思います。

東進に入学する一番のメリットは、先ほど言ったように自分の思い通りに時間割を組めることと復習のしやすさだと思います。まず、授業に関しては、受講をするごとに確認テストを受けられるので復習した後すぐにテストを受けることで内容を理解しているか確認できたり、数日後にテストを受けて記憶が定着しているか確認できたりするなど様々な使い方ができます。さらに、すべての受講が終わった後の修了判定テストがあるので再三再四受講内容の確認ができます。

次に高速マスター基礎力養成講座ーは一度覚えた英単語をランダムで出してくれるので、学校の行き帰りや朝起きたすぐなどのぼーっとしているときに自分が本当に順番ではなく単語自体を覚えているのか確認することができます。

最後に、僕が一番お気に入りなのは志望校別単元ジャンル演習講座です。これは自分で問題の難易度を単元ごとに決めることができるので、苦手な単元は簡単な問題を、得意な単元は東大の過去問のような難しい問題を解くことができ、ただ問題集を買っただけではなし得ない勉強ができます。また、勉強に飽きたときや暇なときに、適当に好きな問題を探して解くことができるのでとてもおすすめです。

僕はまだ正確には将来の夢は決まっていないので大学生活をしていく中で興味のあることや自分に向いていることを見つけていきたいと思っています。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分の過去の実体験に基づいて説明をしてくれるため、非常に共感がしやすかった。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

歳が大きく離れていないので、気軽に質問ができた。問題を毎回持ってきてくれて、、特に無機化学についてはとても役に立った。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験同日体験受験

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

自分が現時点でどのくらい基礎、標準ができているかを幅広い分野で確認できる点。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

自分の好きなように時間割が組めるから。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

日常生活を豊かにするものの開発をしてみたいと考えている。まだ詳しくは決まっていないので、大学生活の中で見つけていきたいと考えている。

Q
東進のおすすめは?
A.

【 確認テスト 】
何度も理解度の確認ができるため

【 講座修了判定テスト 】
同上

高速マスター基礎力養成講座
学校の行き帰りなどのすきま時間にできるため

Q
おすすめ講座
A.

【 飛躍のための基礎訓練 英文法・読解の学習法 】
数Ⅲに関しては難しい問題でもパターン化していることが多いのである程度基本ができている人は、微積もぐんぐんで問題の解き方を学んでいくことで東大などの最難関の数学にも手がつけられるようになると思う。

【 過去問演習講座 大学入学共通テスト対策 】
東工大レベルだと過去問の解説ではわかりにくい問題もあるのですべての問題に解説授業がついている過去問演習講座は非常に助かった。

【 ハイレベル物理 力学 】
物理が好きで、学校の授業では原理を説明せずに暗記させられるような式について詳しく知りたい人におすすめ。微積を使って説明することもあり、内容は難しいが、時間をかけて丁寧に進めていけば大きく物理現象への理解度が増すと思う。

友達にシェアする