2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1498人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
立教大学 経済学部

長谷川由翔くん

東進ハイスクール川越校

出身校: 川越高等学校

東進入学時期: 高2・3月

所属クラブ: 卓球部

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

どんなことも他人が関わることで何かが成就する

僕が東進ハイスクールに入学したのは高校2年の3月でした。僕は当時、センター試験同日体験受験を受け、その成績を見たときにこのままでは現役合格できないと感じ、友人に東進ハイスクールを紹介してもらい、入学することにしました。

僕が東進ハイスクールでおすすめするものは3つあります。1つめは「高速マスター基礎力養成講座」です。僕はこれを用いて高校2年間分の英単語や数学ⅠAⅡBの基礎を短期間のうちに総復習することができました。受験のみならず、あらゆる物事において基礎は最も重要です。そんな基礎を短期間のうちに身につけることができます。2つめは「東進模試」です。東進模試は問題の質が良く、本番同様に試験を受けることができます。更に、解説授業も質が高く、生徒の復習がはかどります。僕自身、模試の復習を通じて力をつけていました。3つめは「質の高い授業」です。言うまでもなく、東進ハイスクールで最もおすすめできるコンテンツです。東進の授業は対象とする生徒のレベルの幅も広いうえ、ひとつひとつの授業の質が高いためどんな学力の生徒も確実に力をつけられるものとなっています。

僕が東進ハイスクールで受講した科目は特に英語、数学でしたが、その中でもおすすめのものを紹介したいと思います。1つめは「入試対策:センター試験対策ⅠA、ⅡB」です。これは、僕が東進ハイスクールに入学してから初めて受講した講座です。当時は、センター試験レベルの模試で30点近くしか取れない状態でしたが、この講座は数学の基礎、すなわち基本公式をとても分かりやすくおさらいし、演習によって身につける講座となっています。この講座は、理想的な比率でのインプット、アウトプットを可能にすることで記憶の定着を促進するうえ、後半では実践的な演習をすることで生徒のレベルが上がるように設定されています。個人的には、これから実施される共通テストの対策にも向いている講座であると思います。2つめは「西きょうじの飛翔のための英文読解講義(応用)」です。この講座は講座名にもあるように、応用レベルの講座です。僕は、英語が得意科目であったものの、記述模試の英語の成績がのびていなかったためこの講座を受講しました。この講座では基礎から派生した文法、文構造をもとに英文読解を進めるので、理解しやすくなっています。この講座は予習、復習が大変ですが、しっかりと受講しきれば難関大学の英文も読解できるようになります。

また、東進の模試では「センター試験本番レベル模試」というものがあり、この模試はセンター試験と同様の形式の問題が出題され、やりがいもあり、復習によってさらに学力をつけられるものとなっています。

模試の成績がふるわなかったり、モチベーションが保てていなかったりしたときには、担任の先生や担任助手の方が励ましてくれたり、ポジティブさを見せてくれていたので最後までやりきることができました。僕は、高校の卓球部で週6日の活動を6月中旬まで続けていましたが、東進ハイスクールのあらゆるコンテンツを最大限活用することで現役合格を達成することができました。とてもうれしかったです。

最後に、東進ハイスクールは「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」をつくりあげることを第一にしていますが、僕が東進ハイスクールで学んだことは、1人では何も成し得ないということです。どんなことも他人が関わることで何かが成就するということを受験を通して知りました。これから社会に出るにあたって、利己的ではなく、利他的な精神を根底にもち、社会に貢献できるような人間になりたいと思います。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

担任の先生が講座について説明してくれたため順序よく学習を進められた。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

模試の成績がふるわなかったり、モチベーションが保てていなかったときに担任助手の方が励ましてくれたり、ポジティブさを見せてくれていたので最後までやりきることができました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

東進の模試では「センター試験本番レベル模試」というものがあり、この模試はセンター試験と同様の形式の問題が出題され、やりがいもあり、復習によってさらに学力をつけられるものとなっています。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

映像による授業を用いているので、自分のペースで学習を進め、現役で逆転合格できると思ったから

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

最後に、東進ハイスクールは「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」をつくりあげることを第一にしていますが、僕が東進ハイスクールで学んだことは、1人では何も成し得ないということです。どんなことにも他人が関わることで何かが成就するということを受験を通して知りました。これから社会に出るにあたって、利己的ではなく、利他的な精神を根底にもち、社会に貢献できるような人間になりたいと思います。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
僕は高速マスター基礎力養成講座を用いて高校2年間分の英単語や数学ⅠAⅡBの基礎を短期間のうちに総復習することができました。受験のみならず、あらゆる物事において基礎は最も重要です。そんな基礎を短期間のうちに身に着けることができます。

東進模試
東進模試は問題の質が良く、本番同様に試験を受けることができます。更に、解説授業も質が高く、生徒の復習がはかどります。僕自身、模試の復習を通じて力をつけていました。

実力講師陣
言うまでもなく、東進ハイスクールで最もおすすめできるコンテンツです。東進の授業は対象とする生徒のレベルの幅も広いうえ、ひとつひとつの授業の質が高いためどんな学力の生徒も確実に力をつけられるものとなっています。

Q
おすすめ講座
A.

【 入試対策:センター試験対策数学Ⅰ・A(70%突破) 】
これは、僕が東進ハイスクールに入学してから初めて受講した講座です。当時は、センター試験レベルの模試で30点近くしか取れない状態でしたが、この講座は数学の基礎、すなわち基本公式をとても分かりやすくおさらいし、演習によって身につける講座となっています。この講座は、理想的な比率でのインプット、アウトプットを可能にすることで記憶の定着を促進するうえ、後半では実践的な演習をすることで生徒のレベルが上がるように設定されています。個人的には、これから実施される共通テストの対策にも向いている講座であると思います。

【 入試対策:センター試験対策数学Ⅱ・B(70%突破) 】
これは、僕が東進ハイスクールに入学してから初めて受講した講座です。当時は、センター試験レベルの模試で30点近くしか取れない状態でしたが、この講座は数学の基礎、すなわち基本公式をとても分かりやすくおさらいし、演習によって身につける講座となっています。この講座は、理想的な比率でのインプット、アウトプットを可能にすることで記憶の定着を促進するうえ、後半では実践的な演習をすることで生徒のレベルが上がるように設定されています。個人的には、これから実施される共通テストの対策にも向いている講座であると思います。

【 西きょうじの飛翔のための英文読解講義(応用) <論理的長文読解導入編> 】
この講座は講座名にもあるように、応用レベルの講座です。僕は、英語が得意科目であったものの、記述模試の英語の成績がのびていなかったためこの講座を受講しました。この講座では基礎から派生した文法、文構造をもとに英文読解を進めるので、理解しやすくなっています。この講座は予習、復習が大変ですが、しっかりと受講しきれば難関大学の英文も読解できるようになります。

友達にシェアする

 

入試対策:センター試験対策数学Ⅰ・A(70%突破)

基礎を固め、センター数学Ⅰ・Aで70%を突破

志田晶 先生

前半で、センター試験頻出の基本項目をもれなく学習し、後半ではセンター試験レベルの問題を題材に、学習を進めます。本番で絶対落としてはならない基本的な問題を中心に、基本事項の総整理と解法対策の両面からセンター試験を攻略します。※ センター試験対策数学Ⅰ・A(90%突破)と内容が一部重複しています。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター試験で数学Ⅰ・Aを受験する生徒、センター試験数学Ⅰ・Aの過去問等の得点率が40%未満の生徒

東進の授業を体験する

入試対策:センター試験対策数学Ⅱ・B(70%突破)

基礎を固め、センター数学Ⅱ・Bで70%を突破

志田晶 先生

前半で、センター試験頻出の基本項目をもれなく学習し、後半ではセンター試験レベルの問題を題材に、学習を進めます。本番で絶対落としてはならない基本的な問題を中心に、基本事項の総整理と解法対策の両面からセンター試験を攻略します。※ センター試験対策数学Ⅱ・B(90%突破)と内容が一部重複しています。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター試験で数学Ⅱ・Bを受験する生徒、センター試験数学Ⅱ・Bの過去問等の得点率が40%未満の生徒

東進の授業を体験する