2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1494人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
明治大学 情報コミュニケーション学部

大平航路くん

東進ハイスクール湘南台東口校

出身校: 光陵高等学校

東進入学時期: 高2・11月

所属クラブ: 野球部 副キャプテン

引退時期: 高3・7月

この体験記の関連キーワード

短い目標を達成することで毎日の小さな喜びに

僕は高校2年生の中頃までは部活ばかりやっていて、その間で勉強をしようとは一度も考えたことはありませんでした。でも修学旅行が明けた頃、周りのほとんどの友達が予備校に通っていることに気づき、置いていかれている感じがして、部活と両立できそうな東進に通う事に決めました。

そこからでも僕が合格することができたのは、小さい目標をたくさん立ててそれを短い期間で達成し、喜びを感じることでモチベーションを保っていたことにあると思っています。最初から合格に目標を定めるのは遠すぎると思います。志望校へ合格することばかり考えて今の自分の結果を見てしまうと、打ちのめされてしまう事が多くなり、勉強から逃げたり、心が折れたりしてしまう事が増えると思います。

僕は今自分が有意義な勉強が本当にできているのかどうかが分からなくなってしまったときに、例えば「夏休み前までに受講は終わらせよう」、「次の模試までに過去問は終わらせよう」、「何月までにこの問題集は五周目に入ろう」などの短い目標を立ててメモするようにしていました。それらを達成することで毎日の小さな喜びを見つけ、日々の勉強を出来るだけ有意義なものだったと感じられるようにしていました。それらの計画を立てるときに迷ったら、まず東進で指定されている進度を達成することを目標にすること、その次に自分の穴になっていることを埋めることを目標にすること、その穴も分からなくなってしまった場合は担任に相談をしながら目標を決めてきました。

日々の勉強を満足したものにすることが出来たことが、本番に自信になってついてきたと僕は思っています。大学ではしっかり自分のやりたい勉強をして、具体的にやりたいことが見つけられるような大学生活を送りたいです。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

あまり志望校や受験校を割り切って決めることが出来なかったので、担任の先生に相談にのってもらうことで、はっきり目標が定められました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分のやりたいことを話したら、自分のやりたいことが学べる学部を一緒に探してくれました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

模試で間違えたところをメモを取っておき、それをセンター試験本番で見たら、前できなかったところは全部埋めたぞ!と自信につながった。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

映像による授業なので、部活と両立しやすいから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

進路の話や大学の情報をみんなで共有した。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

夏休み中は、部活やっているより勉強の方が楽だった。涼しい環境というだけで頑張れた。忍耐力がついた。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

スランプはあったが、ずっと問題解いていた。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

小さい目標を掲げ、それを達成していく。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

自分のやりたいことを話したら、担任助手の方に勧められたから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

受験を通して、成功体験がつめた。つらいことに立ち向かう力を得られた。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

デザインや手先の器用さなど得意なことを活かして、まだ漠然としているが、自分が貢献できる仕事をしていきたい。

Q
東進のおすすめは?
A.

【 志望校別単元ジャンル演習講座 】
志望校別単元ジャンル演習講座は過去問以外の問題を解きたい時に活用していた。何やればいいか分かりやすい。

高速マスター基礎力養成講座
部活をやりながらでも、電車でもどこでもできる。勉強の集中力が切れたときに高速マスター基礎力養成講座をやっていた。

過去問演習講座
夏休みに基礎力を上げたい時に、演習量を積むのに活用した。

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のB組・英語実力アップ教室 】
授業を受けて、今井先生が授業でおっしゃっていた通り音読をすれば、間違えなく勝手に英語の長文が読めるようになった。

【 スタンダード日本史B PART1 】
日本史の知識を積み重ねていくうえでのベースが出来る。後に時代の流れが分からなくなった時に、授業中のノートを見ればすごくわかりやすくまとまっているので、復習がしやすかった。

【 金谷俊一郎の日本史ラストプラスα 】
他の予備校だと、恐らく自分でまとめなければいけないことがまとまっている。年号など他のテキストに書いてことなど、最後の詰め込みに使える。

友達にシェアする

 

今井宏のB組・英語実力アップ教室

「確実で速い問題の解き方」を、わかりやすく

今井宏 先生

文法などの基礎はだいたい理解できているけれど、長文読解に不安が残り、模試の成績が思うように上がらず焦っている受験生が対象です。長文読解問題を毎回1問徹底解説し、スピーディで正確な解き方を身につけていきます。「模試になると、どうしても時間が足りなくて……」と悩んでいる皆さんのために、長文読解の基礎完成を目指し、残った時間で整序英作文・文法語法問題・会話体問題なども強化していきます。地元国公立大学・明青立法中・学習院・関関同立などを志望する高3生の「エンド講座」に最適。高い目標を持つ高2生にもオススメです。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター85%以上を目標とし、長文読解での得点向上を目指す生徒

東進の授業を体験する