2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1493人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
金沢大学 医薬保健学域

上木詩文くん

東進衛星予備校金沢有松校

出身校: 金沢泉丘高等学校

東進入学時期: 中3・3月

所属クラブ: 映画研究会

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

目標に向かって東進で勉強していた

僕は志望校を高校3年生の10月に決めました。志望校選びでとても重要なことは、本当に自分がやりたいことがその大学で学べるのかということです。たとえ模試などの成績や合格判定が良くなくても、最後まであきらめず自分のやりたいことに向かって努力し続けることが大事なのだと思います。

僕は受験勉強をしていたのではなく、目標に向かって東進で勉強していただけです。僕は目標達成のために、東進模試などを活用して自分の今の実力を見ていました。模試受験後の成績表を元に先生と面談をすることで、次の模試までの学習方針を決めるとともに、入試本番に向けての精神面のコントロールも学びました。これは学習モチベーションの維持・向上にもつながりました。

2年前に、志望校に合格した先輩の合格報告会に参加したことも覚えています。合格した先輩がどんな勉強をしていたのか、自分と重なる部分、そうじゃない部分…この「そうじゃない部分」について、そのまま取り入れるべきもの、自分なりにアレンジして取り入れるべきものを考えて、その後の自分の学習の型を作りました。また、その時に語っていた先輩がとても生き生きとしていて、憧れを抱きました。

入試本番まではいつも通り東進に通い、たまには程よく担任の先生や担任助手の方と楽しく談笑して、入試までの日々を過ごしました。1人でひたすら勉強するだけでなく、先生たちと話をすることで、自分の苦手を克服する方法がわかったこともありました。毎日東進に来て22時まで残る…受験勉強をしていたつもりはありません。「いつも通り」をしていただけです。そして、模試でどんな点数を取ろうとも、どんなに合格判定が悪かったとしても、入試本番で答案に書き込んだことがすべてです。最後まであきらめないで頑張ってください。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

「あきらめんな可能性」というフレーズです。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

センター試験後、二次試験が近づくに連れてマイナス志向になっていた時に話し相手になってくれて、話しているうちに気持ちが前向きに切り替わりました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

その時点での自分の学力を知り、その後の得点の伸びも視覚的にわかるので、自分の成長を実感できました。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

講師の先生、担任の先生、担任助手の先生が良い。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

高1生の時にグループで向上得点を競うイベントがあり、対抗意識を燃やして盛り上がりました。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

合格報告会に参加して、合格した先輩がどんな勉強をしていたのかを知ることで、自分の学習の型ができました。何より、生き生きとした先輩の言葉に触発されました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

マイナス志向になることはありましたが、担任の先生、担任助手の先生と話すことで気持ちを切り替えました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

やはり担任の先生、担任助手の先生と話すことです。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

大学に行ってみて、ピンときました。広大なキャンパスに憧れを抱きました。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

「いつも通り」の延長にあるもの。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

最近は芸能人や大学生までもが薬物に手を染めていることが報道されています。ゆえに僕の志は、麻薬取締官になって易きに流れる人を正し、健全な社会を実現することです。高い目標ですが、断固たる強い意志を持って前進を続けます。

Q
東進のおすすめは?
A.

実力講師陣
長岡恭史先生がお気に入りでした。

高速マスター基礎力養成講座
英単語を早期にマスターしていたので、高校の授業の予習時に、辞書を引くことが少なく済みました。

担任指導
模試受験後の面談が、学習方針を決めるのに役立ちました。

Q
おすすめ講座
A.

【 数学ぐんぐん[基本編] 】
(基本)=(易しい)ではありません。(基本)は(応用)を解くために必要な盤石の土台であり、本当の意味で修得することがいかに大切かを学べます。

【 難関国立大総合英語 】
宮崎尊先生の講座は、英文の解説だけでなく、英文の中で話題になっているテーマに関連したお話も充実していて、ためになりました。

【 スタンダード物理 Part1 】
問題を解く時の、物理現象の見方を身につけることができ、とりわけ力学の基礎を固めることができました。

友達にシェアする

 

難関国立大総合英語

旧帝大レベルの国立二次・記述試験対策

宮崎尊 先生

厳選された質の高い英文素材を用いて、英文を読みこなすための思考力、作法を身につけていきます。旧帝大レベルの難関国立大における長文の「読解力」はもちろんのこと、各設問に解答するプロセスをていねいに解析することで、記述試験における「得点力」に磨きをかけましょう。※難関私大・国立大の両方を見据えた対策には「システム英語総合編Ⅵ」をお勧めします。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:難関国立大の二次記述試験対策をしたい生徒

東進の授業を体験する