2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1491人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
金沢大学 理工学域

中山諒汰朗くん

東進衛星予備校金沢有松校

出身校: 金沢泉丘高等学校

東進入学時期: 高1・5月

所属クラブ: ソフトテニス部

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

切磋琢磨することで最後まで頑張れた

僕は高校3年生の6月まで部活動をしていましたが、それでも志望校に合格できたのは、部活動が終わった後にもしっかり東進に通って勉強していたからだと思います。また、僕にはライバルがいました。そのライバルに負けたくなかったし、その人と切磋琢磨することで最後まで頑張れたと思います。そして僕は勉強へのモチベーションを高めるために、ツイッターで浪人生のアカウントをたくさんフォローしまくって「浪人しないように」と、自分に甘くなる気持ちを戒めていました。

僕が志望校を決めたのはセンター試験が終わった後でした。センター試験を受けてみての感想としては、時間が足りないということでした。東進ではセンター試験の演習をしており、また2ヶ月に1回の東進模試も受けていて、何度も演習や模試を経験していました。それでも本番になると緊張からなのか、いつも通りに鉛筆を進めることができず、時間が足りないという結果になりました。今振り返れば、僕にとって受験勉強は本当にストレスだったなと思います。模試で上手くいかなかったときや、判定が悪かったとき、センター試験でも上手くできなかったとき、僕はとてもストレスを感じていたと思います。

それでも最後まで頑張ることができたのは、東進の担任の先生や副担任の先生のサポート、ライバルの存在が大きかったからだと思います。後輩たちには、自分の学力に見合った大学を選ぶことをオススメしたいと思います。ありがとうございました。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

早期に時間配分を身につけるのに役立ちました。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

友人とともに通うことで学習を習慣化でき、頑張れそうだと思ったから。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

部活で身につけた体力は、部活引退後の安定した学習習慣の土台になりました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

センター試験は、やってみるとわかりますが、練習しないと試験時間内に終わりません。東進では、センター試験本番レベル模試と、過去問演習講座センター対策があり、練習するためのシステム・環境が整っていたので、コツコツ取り組むことで乗り越えることができました。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

とてもストレスのかかるものでしたが、乗り越えることで、大きな達成感・充実感を得られるものでした。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

正直にいうと、今はまだ決まっていませんが、何か社会に役に立つ「ものづくり」をしたいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

実力講師陣


担任指導


東進模試


友達にシェアする