2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1493人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
香川大学 医学部

林真由さん

東進衛星予備校高松天神前校

出身校: 高松高等学校

東進入学時期: 高1・7月

所属クラブ: オーケストラ部 部長

引退時期: 高2・12月

この体験記の関連キーワード

アドバイスや励ましの言葉が勉強の大きな支えになった

私は、高校一年生の夏から東進の高松天神前校に通いはじめました。その頃には既に医学部に進学したいと考えていて、その旨を東進の先生に伝えると、親身になって相談に乗って下さいました。東進での思い出の中で、特に印象に残っているのは、一年生の夏に勉強合宿に参加したことです。東進生の仲間と勉強をしたり、お菓子を食べながら担任の先生や担任助手の方の話を聞いたりして、とても中身の濃い一日を過ごしました。

また、三年生になってからは、自宅受講を中心に東進の授業を受けるようになりました。その中でも、模試の返却や節目節目で担任の先生にアドバイスや励ましの言葉をいただいたことが、入試に向けて勉強をしていく上で大きな支えになりました。

これから本格的に入試が始まる後輩のみなさんは、不安なことがたくさんあると思います。私は、センター試験の直前になってくると特に、毎日が不安で不安で、残された時間があっという間にすぎていくような感覚でした。そんなときは、一人で抱えることなく、周りの人に相談することで、気持ちの持ち方がかなり変わってくると思います。東進の先生方に話を聞いてもらって、アドバイスを頂くことで気持ちが軽くなります。つらい時もめげることなく、少しずつでも進んでいくことが大切だと思います。

将来は、医者として正しい倫理観を持ち、一人でも多くの方々を支え、助けとなる存在になりたいと思っています。そのために、大学に入ってからもますます勉強をしていかなければいけません。その中で、大学入試に向けて頑張ってきた経験を活かせる部分が多くあると思います。東進の先生方に高校三年間、本当にお世話になりました。ありがとうございました。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

基本的に自宅受講だったわたしですが、定期的に東進へ行って、奈良先生に話を聞いていただいたりアドバイスをもらったりしたことが、支えになりました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

先生の野球部時代の話を聞くのが楽しかったです。顔を合わせるたびに「最近どうや!」と尋ねて下さって、そのたびに元気が出ました。楽しかったです!!!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

詳しい結果が返ってくるので勉強を進める上での参考指標となります。自己採点の練習にもなります。また、実際の試験会場で受けさせてもらえたことがとてもよかったです。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

0

Q
東進を選んだ理由
A.

映像による授業なので、自分のペースで学習を進めることができるからです。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

オーケストラ部は勉強との両立も考え、他の部活動よりも活動時間が短く、引退の時期も早いので、比較的両立はしやすかったと思います。部活仲間と出会えたことが、部活をやっていて一番よかったと思うことです。

Q
夏期合宿・冬期合宿に参加した経験があれば、参加して良かったことを教えて下さい。
A.

一年生の頃に参加しましたが、朝まで同年代の多くの人と共に勉強するという経験がなかったので、強烈に印象に残っています。勉強についてや学校について話したこともいい思い出です。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

公開授業で古典の吉野先生にお会いして、様々な話を聞けたことです。普段授業の後半、ほぼ決まった時間に唐突に始まる先生の若かりし頃の話を、生で聞くことができて楽しかったです。モチベーションがとても上がりました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

センター試験の前は気持ちがネガティブになり、もうだめだと思っていましたが、家族が背中を押してくれたことで、前向きな気持ちになることができました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

受験に合格したらあれをしよう、これをしよう、と合格したあとどんなに楽しいことが待っているかというのを想像しながら過ごしていました。また、なんやかんやどうにかなる気がする、と根拠のない自信をもつことも大事だと思います。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

医師になりたいという気持ちは幼い頃からもっていたので学部も初めから決めており、香川大学というのも中学のころにすでに決めていました。香川大学にしたのは地元に残る心づもりであったからです。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

推薦受験を考えていたため、普段の定期テストや提出物を含め、高校三年間を通して受験勉強をしていたような気持ちです。普段の積み重ねと、強い気持ちを持つことが秘訣であると感じています。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

医師として倫理観を持ち、一人でも多くの患者さんの命を助けます。その為に日々の勉強を怠らず、日々の積み重ねを大切にしていきます。

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試
詳しい結果が返ってくるので、現状ではどのくらいのレベルにいるのかということがわかります。特に三年生になるとかなり高い頻度で実施され、その都度次回の目標点などを決めることで短期的なゴール設定ができます。2つ利点があります。1つ目は模試受験から返却までがとても短いところです。2つ目は実際にセンター試験を受ける会場で事前にテストを受ける経験ができたことです。

【 確認テスト 】
授業ごとに本当にわかっていないと先に進めないというシステムが役立ちました。曖昧な理解をしている分野を洗い出し整理することができました。

実力講師陣
なにより授業が本当にわかりやすかったです。 自分の好きなところで一時停止し、もう一度聞き直しができるという点は映像による授業ならではの長所です。

Q
おすすめ講座
A.

【 入試対策:センター試験対策物理 】
物理に限らないと思いますが、センター対策の講座はセンター試験前に不安になった分野をもう一度受け直し、基本事項の確認ができ助かりました。

友達にシェアする

 

入試対策:センター試験対策物理

物理はイメージだ!

橋元淳一郎 先生

物理はイメージだ!物理は数式をひねくりまわすものだと思っている人、それは大間違いです。物理には、たしかに数式がたくさん出てきますが、それはあくまで手段なのです。公式や数式を丸暗記しても、物理を理解したことにはなりません。物理では、何よりもイメージが大切なのです。このことは、とくにセンター試験によくあてはまります。本講座では、物理のイメージをしっかり体得してもらうことを目標に進めます。そういう意味で、基礎的な解説が中心になりますが、やがてそうした基礎こそが高得点を取るための高度なテクニックそのものだということが分かっていただけるでしょう。何はともあれ、能書きよりは実践です。講義を始めることにしましょう。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター試験物理で高得点を狙う生徒

東進の授業を体験する