2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
先進理工学部

no image

写真

奥川武琉くん

東進ハイスクール都立大学駅前校

出身校: 東京都市大学等々力高等学校

東進入学時期: 高2・1月

自分なら出来る"i can do it"の気持ちを貫き通す

 早稲田大学なんて受からないよ。東進に入るまではそう思っていました。高校2年生の1月から東進に入学して、ほぼ毎日登校して高速マスター講座の英単語をやっていました。そして徐々に成績は向上していきました。

でもセンター形式の模試では思うように点数が上がらず本当に大丈夫なのか?という不安が高まっていきました。そんな中迎えた夏休み、毎日朝一番で登校し最後まで残って勉強するとうい、今までの自分では経験したことが無いくらい過酷な日々。自分はそこで基礎を固め、苦手だった英語と化学に出来る限り時間を割き、センター対策をばっちりして自分の現状を知る模試に挑んだ結果、予想以上の結果に自分でも驚きが隠せませんでした。

この夏で自信がついたが、早稲田大学の過去問を始めて難しさに絶望を感じました。まだまだ足りていないことを知り、問題を見た瞬間に答えられるくらい解き直し、10年分を4周して誰よりも問題と解いたという自信を基に挑む入試同日を迎えました。前日は眠れないくらい緊張していましたが、会場の席に座ると自然と気持ちが落ち着いて全力を出し切れました。受験は運の要素も大きいので、自分が好きな分野が出てくれることを願いつつ、過去問の傾向を掴み自分を信じ続けること、自分なら出来る"i can do it"の気持ちを貫き通すことが大切だと感じました。

最後にどんなに模試で良い判定が出たとしても、本番と模試は違うので、安心せず、悪い結果なら落ち込まずに、いつでも自分は挑戦者、チャレンジャーなんだという気持ちを忘れないで、これからも生きていこうと思いました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
部活に所属していましたか?
A.

No

Q
東進を知ったきっかけ
A.

友人の紹介

Q
東進を選んだ理由
A.

知っている友達、先輩が東進にいたからです。

 早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 15

友達にシェアする