2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
教育学部

no image

写真

中川滉太くん

東進ハイスクール大宮校

出身校: 川越東高等学校

東進入学時期: 高2・1月

所属クラブ: 硬式テニス部

引退時期: 高3・4月

この体験記の関連キーワード

好きな時に受講できるのが東進の魅力

 僕は東進大宮校に高校二年生の一月に入学しました。模試などを受けてだんだん危機感を感じてきて、予備校探しをし、東進に入学することを決めました。

僕は硬式テニス部に所属していて忙しく、好きな時に授業を受けることができることがとても魅力的だったので入学することを決めました。入学するなりすぐに高速マスター講座に取り掛かり、基礎を完成させるよう頑張りました。基礎の単語、熟語、文法を完璧にすることが英語の成績アップに大きく役立ったと思います。成績が上がるにつれて勉強にやりがいがもてるようになり、よっり一層勉強に身が入りました。夏休みには合宿に行き、周りにレベルの高い人がたくさんいてもっと頑張らなくては、と思いました。夏休みは七時に登校し、十時に下校する生活を送り、今になってはびっくりするぐらい長時間勉強をしていました。

九月に入ってから過去問演習に入り自分に何が足らなくて何が必要なのか考え担任の先生や、副担任の先生に相談しながら真面目に予定を立てるようになり、より実践的な勉強に移り、過去問でいい点数が出たときは勉強にやりがいがもてました。僕はその時、早大英語と早大現代文の授業をとり、とてもためになったと思います。早稲田大学の問題の傾向を学部ごとにつかめただけでなく、解き方や文章の読み方などを教わり、過去問の点数アップに大いに役立ったと思います。また、過去問演習講座の授業でも、解いててわからなかった問題も理解でき復習につなげることができたと思います。僕はセンター試験ではある程度うまくいったのですが、マークミスをしてたのか、センター利用入試では滑り止めの学校しか受からず、一般でもうまくいかずとても悔しかったのですが、最後に第一志望の大学の合格発表がきて、本当にうれしかったです。大学に入ったら英語ともう一か国語話せるように勉強をし、海外と日本をつなぐ職に就きたいなと思っています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

日本史の学習でつまずいた時にもらったアドバイスのおかげで日本史の成績が伸びたことです。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

過去問を進めるにあたって点数が出るたびに大問ごと作戦を立てながらアドバイスをしてくれたことです。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

新聞折込チラシ

Q
東進を選んだ理由
A.

授業を好きな時に受けることができ、部活をやりながら通うことができるからです。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

担任助手の先生の大学での話や他のメンバーの学習状況や勉強法を聞いた時です。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座


確認テスト


高速マスター講座


 早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 8

友達にシェアする