2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
文化構想学部

no image

写真

原野聖菜さん

東進ハイスクール新宿エルタワー校

出身校: 國學院高等学校

東進入学時期: 高2・3月

所属クラブ: 吹奏楽部

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

東進に入って成長できました

 私が東進に入塾したのは高3になる直前でした。5月まではほぼ毎日部活があったので、自分のペースで進められる東進を選びました。東進の強みは基礎と演習のバランスがとれていること、効率的に学習できることです。

基礎は、授業と高速マスター講座で強化できます。私のおすすめの講座は日本史の金谷先生の授業です。歴史の流れを理解することによって、それまで無理やり詰め込んでいた知識を整理することができました。高速マスター講座では国語力7000に最も効果を感じました。入試本番で何度も同じ問題が出題されたばかりでなく、日常生活でも必要な教養を得ることができます。

対して演習は、センター対策と私大対策で自分に必要な力をとことん鍛えることができました。また、問題文と解答用紙が東進のPCからきれいに楽に印刷することができるので、過去問をコピーするよりも時短になり、断然やる気がでます。やった分だけ自信につながりました。

私は、「センター本番レベル模試」で日頃の学習の成果と課題を発見するようにしていました。本番同様の緊張感で臨んでいました。うまくいかずに不安になることもありましたが、そんなときには担任、担任助手の方々が背中を押してくださいました。数年前に受験を経験した方々なので、アドバイスは参考になり、とても頼りになります。こんなに親身に、同じ目線で私たちを支えてくれる存在は東進ならではだと思います。

東進に入って成長できたおかげで、第一志望以上の大学に進学することができました。自国、他国の文化や他言語に興味があるので、大学ではいろんなことを吸収していきたいと思います。将来、様々な異文化交流における小さな架け橋のような存在になりたいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

学習計画を具体的に提示してもらったり、入試日程を一緒に考えてもらったこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

勉強方法や試験の戦略方法などを担任助手の方の経験を基にアドバイスしてもらったこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

日頃の勉強の成果と課題を発見できること。入試本番の緊張感を体感できること。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

東進模試

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

みんなで次の模試や入試までのカウントダウンを毎週していました。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター講座


高速学習


過去問演習講座


Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード日本史B PART1 】
歴史の流れを掴むことで、無理やり詰め込んでいた知識を整理することができるから。

【 過去問演習講座 センター対策 】
膨大な演習量を積むことができるから。また、解説が丁寧なので見直しをすることで基礎を強化できる。大問別に解くことができるので、苦手分野を重点的に解いたり、大問ごとの時間配分を意識したりできるから。

 早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 54

友達にシェアする