2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
文化構想学部

no image

写真

千野杏子さん

東進ハイスクール立川駅北口校

出身校: 南多摩中等教育学校

東進入学時期: 高3・7月

所属クラブ: ソフトボール部 キャプテン

引退時期: 高3・7月

センター試験得点率グラフ

センター試験得点率グラフ

この体験記の関連キーワード

悔しさをバネにして

 私は、高校三年生の夏から東進に入学しました。それまでは部活が毎日あり、思うように受験勉強を進められていなかったので、そこからのスタートは周りの状況と比べてしまうと遅れている感じがしてとても不安でした。しかし、部活以外でも共通することだと思いますが、最後までやり切る、ということが一番の自分の自信になると思っていたので、それまでは休まずに部活には参加するようにしていました。その経験は、受験勉強において大いに武器になったと感じます。

それでもやはりどこか不安は残っていて、常に「これで間に合うだろうか」という気持ちは持っていました。その気持ちを担任助手の方に伝えたところ、「不安で悩む時間はもったいない、今できることをやるしかない」と言っていただき、逆にその焦りを原動力にして突き進むことができました。模試ではいつもE、D判定しかとったことがなく、第一志望への合格を諦めそうになる瞬間も何度もありました。だから判定はいつも見なかったことにして、その度に第一志望のパンフレットを見返して、絶対に合格してやる!と気合を入れなおしていました。部活で学んだ、悔しさをバネにする気持ちの切り替え方をうまく活かせたと思います。

校舎では、いつも励ましてくれる担任助手の方々の存在がとても大きく、心の支えになっていました。嬉しさよりも悔しさを感じることの方が圧倒的に多かった受験生活を越えて、志望校に合格することができたときは、自然に涙があふれるくらい本当に嬉しかったです。これは、自分の努力はもちろんのこと、それ以上に周りで支えてくれたすべての人のおかげで得られた合格だと思っています。受験勉強の中で学べたことをここで終わりにするのではなく、その方々への感謝の想いも持ち続けながら、自分の夢に向かってこれからも諦めずに強い思いをもって進んでいきたいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

実際の受験生活でどのように勉強を進めていけばよいのかを教えていただきました。いつも励ましてくれて嬉しかったです。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

友人の紹介

Q
東進を選んだ理由
A.

学校の友達が多く通っているのを耳にしていたのと、部活でスタートが遅れた分を映像授業で、自分のペースで取り返せるのがいいなと思って東進にしました。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

週に一回、気分転換のような時間で楽しかったです。東進の中でも友達が作れて、少し登校しやすくなったです。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
1人で解いているだけではわからなかったポイントや、その学部特有の対策の仕方などを知ることができたからです。

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】
この講座で、英語の基本をしっかり見直すことができてセンターで安定して点が取れるようになったからです。

 早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 69

友達にシェアする

今井宏先生

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒