2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
国際教養学部

no image

写真

近藤千春さん

東進ハイスクール高田馬場校

出身校: 大泉高等学校

東進入学時期: 高2・3月

所属クラブ: バスケ

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

負けず嫌いでいることが大切

 私は高2の3月に東進に入学しました。部活は高3の6月まで続けていたので他の受験生よりは勉強時間が少なかったかもしれません。でも、私は自分に甘いので、時間が限られているほうがその短い時間を最大限活用しようとすることができ、勉強の質を高めることができたと思います。高3まで部活を頑張っている人はそんな傾向が強いと思います。高3になると大学受験のために部活をやめたり来なくなったりする人も周りに増えてきすが、私は部活を諦めないほうがいいと思います。私は部活を最後まで続けたことで勉強にすばやくきりかえることができました。また、何事も中途半端で終わるのはよくないと思います。私は受験生生活でそのことを強く実感したので、始めたことは最後までやるということを受験生には意識してほしいです。

受験では負けず嫌いでいることが非常に大切です。私は東進高田馬場校1位になること、学校の模試でも学年1位になることを目標に勉強していました。1位が取れないととても悔しかったので、より勉強に力を入れることができました。悔しいと思っていいのは自分の最大限の努力をした人だけという言葉をある先生にいただいてから、より質の高い勉強を心がけるようになりました。自分に妥協せず負けず嫌いでいることは受験をするときにとても役立つと思います!

もうひとつ大事なことは自信を持つことです。私の周りの友達は、模試や過去問の成績で一喜一憂したり志望校を落とす人がいました。でも、判定はもはや運試しおみくじです。実際私は早稲田はずっとDかE判定でした。模試は自分のできないところを知ることができるいい機会だし、過去問がいくらできてもできなくても本番その問題が出るわけではありません。そんなことで落ち込むのは時間の無駄なので、その時間で自分に今足りないことを模試から見つけ出して次に繋がる勉強をしたほうがいいです。過去問は形式に慣れるくらいの考えで取り組んだらいいと思います。

勉強のモチベーションをあげるのに役立ったのはグループ・ミーティングです。グループ・ミーティングでは自分と同じ志望校の子達と週1回話し合うことができます。志望校が同じなので勉強方法の悩みを話し合うことができるし、よきライバルになれるのでお互いに高めあえる関係になることができます。グループ・ミーティングがあるということが、私が東進で1番良かったことだなと思います。

ここまでいろいろと書いてきましたが、私は第一志望だった慶應大学法学部に落ちました。原因は、慶應にいきたいという気持ちが足りなかったことだと思います。私はとにかくトップの大学に行きたくて、勉強を必死に頑張ってきましたが、具体的な夢があったわけではありませんでした。慶應の法学部に行きたいという気持ちを強くもっているつもりでしたが、私大トップの早稲田か慶應に入れればそれでいいという気持ちがどこかにあったのだと思います。夢がある人は強いです。全ての行動の原動力になると思います。受験をする中で、自分はなぜその学校、学部に行きたいのか、自分の夢は何かということを深く考えることで、大学に対する気持ちも高まり、より強い自分で勉強に取り組むことができると思います。これから受験生になる人は、夢を持って頑張ってほしいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

講座を選ぶことができました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

聞き上手で話を良く聞いてくれたのでうれしかったです。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

それぞれの会場に行って受験するので、本番を意識することができました。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

新聞折込チラシ

Q
東進を選んだ理由
A.

部活が忙しく、映像授業なら自分のあいた時間にできると思ったので選びました。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

グループ・ミーティングのメンバーに出会えてなかったら受験を乗り越えられなかったと思います。良きライバルであり、支えあえる大事な友達に出会えてよかったです。

Q
東進のおすすめは?
A.

担任指導
担任助手の方々が話しやすくて安心して勉強できました。

Q
おすすめ講座
A.

【 基礎強化古文 】
栗原先生の歌が妙にも耳に残り、試験のときよく助けられました。

 早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 53

友達にシェアする

栗原隆先生

基礎強化古文

古文は言葉の時間旅行─ 基礎から始め、有名大学合格の力をつける!

古文の基礎から段階を踏み、最終的に有名大学の入試古文で合格点をとることを目指します。古文で、いつでもきちんと得点できるようにするために、①基礎となる知識をきちんと押さえ、②古文の構造を把握し、読み方を理解して、③設問に対してどう解答するかを身につけます。いままで古文の点数がとれなかったキミ、とれたりとれなかったりしていたキミもこの講座で確実に点数がとれるようにできます。なお、授業は単に読解技術だけでなく、古文の背景知識にも触れます。「古文は言葉の時間旅行」…古文の世界を現代の視点から見つめながら、確実に古文に強くなれる授業です。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:古文の力はまだまだだが、ここから頑張って、有名大学に合格したい受験生