2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
スポーツ科学部

no image

写真

石毛明日香さん

東進ハイスクール稲毛海岸校

出身校: 千葉市立稲毛高等学校

東進入学時期: 高1・4月

所属クラブ: バスケ部

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

最大の原動力は志望校への気持ち

 私が東進に入学したのは高校1年生のときでした。だから、東進での日々は部活との両立に奮闘する日々でした。バスケ部に所属していたので週6でハードな練習があり、辛いと感じることも多かったですが、同じ部活の友達がいたことによってなんとか戦い続けることができました。そんな中で、受験科目の中で最も重要だと感じたのは、英語です。英語は私立受験において他の教科より配点が高いことがあります。しかし、英語の点数が上がるのには時間がかかることが多いです。そこで重要になるのが英語完成です。私は、英語完成した直後はあまり効果を感じませんでしたが、8月、10月になって点数が安定し実感しました。そして、英語を強みにすることができました。

受験を通して学んだことは、志望校への気持ちが何よりも大事だということです。第一志望の試験科目、小論文において、大きく出題傾向が変わってしまいました。それに気づいた瞬間、頭が真っ白になりました。それでも、絶対に合格したいという気持ちを思い出してできる限りを尽くしました。そして、その結果、合格を勝ち取ることができました。このことから自分の能力を発揮する最大の原動力は志望校への気持ちだと感じました。

私の夢はアスレティックトレーナーになることです。大学ではそのための教養や経験を積極的に吸収していきたいです。大学合格は通過点であり、やっと夢への第一歩を踏み出すことができたと考えてこれから精進していきます。そして、ゆくゆくは、まだまだ発展途上の日本のアスレティックトレーナーの発展に貢献できるような存在になりたいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
東進のおすすめは?
A.

高速基礎マスター講座
手軽に繰り返して学習できるからです。完全修得の条件が厳しく全力で取り組めば力になるからです。

過去問演習講座
傾向を知ることができ、対策を立てることができるからです。

 早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 32

友達にシェアする