2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
先進理工学部

no image

写真

水口祥くん

東進ハイスクール静岡校

出身校: 静岡高等学校

東進入学時期: 中1・12月

所属クラブ: 弓道

引退時期: 高3・6月

センター試験得点率グラフ
 
センター試験得点率グラフ

この体験記の関連キーワード

意慾を持って取り組むことが大事

 東進には一年の終わりに入学しました。最初は部活の日が多く、来校できる日が少なかったですが、その中でも高速マスター講座をやったりセンター試験本番レベル模試を受けたりすることで成績が伸びていきました。

本格的に受験を意識し始めたのは二年生の夏休み明けで、講座の受講頻度を上げるよう努力しました。三年の六月ごろ部活を引退してからは主にセンター試験対策をしました。八月の終わりのセンター試験本番レベル模試で志望校のB判定を取るように担任の先生から言われていたので、そこを目指して全教科満遍なく演習しました。その甲斐あってB判定を取ることができ、二次対策へと移行することができました。早い時期から二次対策をすることで簡単に志望校を下げようとは思わなくなると思うので早めに志望校の対策をしたほうが良いと思いました。二次対策を前倒しでやることで私立の滑り止めや少しレベルの高い私立の対策にも手が回ると思います。

実際にセンター試験を受けてみて、センター試験はどんなに優秀な人でも全ての科目成功するのは難しいと思うので全教科で安定して高得点が取れるように勉強するべきだと思いました。また、受験校は志望校のほかにセンター利用や滑り止め、志望校よりレベルの高い私立などいろいろな大学を可能ならば受けたほうが良いと思います。受験会場の雰囲気を味わうことは大切だし、たまたま受かるかもしれないので。

受験直前になると不安が募ると思いますが、僕は友人と他愛のない話をして息抜きをしていました。適度な息抜きも必要だと思います。東進は自主性が成績の伸びに関わってくると思うので自分で意慾を持って取り組むことが大事だと思いました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

模試の成績の良し悪しに関わらず冷静に分析して鼓舞してくれる

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

受験における体験を聞いたり役立つ情報を教えてくれた

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

できるだけ全科目受けてセンターの感覚をつかむ

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

友人の紹介

Q
東進を選んだ理由
A.

自分のペースで勉強できるから

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

グループの友人と受験に対してのモチベーションを高め合うことができた

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
丁寧に添削されて返ってくる

東進模試
現在の自分の実力がはかれる

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のA組・英語上級パワー養成教室 】
旧帝早慶レベルの英文まで読めるように丁寧に授業を行ってくれる

【 ハイレベル化学 有機化学 】
この講座のおかげで早期習得、演習ができて有機が得意分野になった

 早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 4

友達にシェアする