2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

一橋大学
商学部

no image

写真

友松聖人くん

東進衛星予備校八柱校

出身校: 船橋高等学校

東進入学時期: 高1・3月

所属クラブ: バレーボール キャプテン

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

将来への見通しを持って

 東進に入学した当初は、全く基礎がなっておらず、理解した上で問題を解くことができませんでした。なので、まずは高速マスター基礎力養成講座を取り組みました。ひと通り基礎が身についた後に問題を解いてみると、分からない問題についても、自分に足りないことが何であるか、理解できるだけの実力が付いていると感じられました。自分の弱点がわかった上で、担任の先生との面談でアドバイスを頂きながら講座を受けたり問題集に取り組み、だんだんと成績を伸ばすことが出来ました。担任の先生と相談しながら、合格に必要なことが何であるかを常に考えて学習を進められたことが、結果につながったと思います。

合格できたことはとても嬉しく思いますが、反省していることもあります。それは、本格的なスタートが遅かった科目があったことです。僕の場合は社会科目がとても苦手で、どうしても勉強量の比重が軽くなりがちでした。校舎のテストイベントで自分の実力の低さに気づいてから必死になって勉強を始めましたが、入試本番のレベルにまで実力をつけるのはとても大変でした。苦手な科目は克服しないといつまでも苦手なままになってしまうので、バランスの良い学習を常に意識することが、受験期を通して心に余裕を持つポイントになると思います。

さて、これから受験を迎える皆さんに伝えたいことがもう一つあります。それは、常に将来への見通しを持って勉強して欲しいということです。僕も具体的な職業の夢があるわけではありませんが、大学でレベルの高い経営学を学びたいという思いは常に持っていました。大学入学だけでなく、その後の目標があったから、心が折れそうになった時も、自分を奮起させることが出来たと思います。将来の夢を持っていない人は、大学について色々調べてみたり、一度志望校に行ってみると、志を手に入れられると思います。

受験勉強は頑張れば頑張っただけ、志望校に合格した時の喜びも大きいです。これから受験生になる皆さん、自分の成功を信じて頑張ってください!

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

模試やテストの結果が良かった時は一緒に喜んでくださり、悪かった時は励ましてくださいました。受験大学についても、自分のことのように詳しく調べてくださって、とてもありがたかったです。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

本番と同じレベル、同じ緊張感でテストを受けられるからです。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

その他

Q
その他を選んだ場合はこちらに記入して下さい。
A.

家族との会話

Q
東進を選んだ理由
A.

学習スケジュールを柔軟に設定できるため、部活動との両立が可能だと思ったからです。

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試
本番に近いレベルの問題に取り組めるからです。

高速マスター基礎力養成講座
問題を解くのに必要な基礎力が身に付くからです。

実力講師陣
レベルの高い授業を、繰り返し受けることが出来るからです。

 一橋大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 17

友達にシェアする