2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
教育学部

no image

写真

寺田健人くん

東進ハイスクール市川駅前校

出身校: 芝浦工業大学柏高等学校

東進入学時期: 高2・1月

所属クラブ: ラグビー部

引退時期: 高3・10月

この体験記の関連キーワード

シビアな環境で身についた忍耐力

 私は東進に高2の1月に入学しました。東進で過ごした1年間で一番印象に残っている出来事は夏期合宿です。夏期合宿に参加する前に合宿は大変だという話は色々聞いていたのですが、正直大したことは無いのだろうと思っていました。しかしいざバスに乗ってみるとバスの中の空気は張り詰めていて全員がものすごい勢いで音読をしていて、宿舎での授業でも確認テストの点数によって席順が決まるというとてもシビアな環境でした。しかしそうした環境の中で班の仲間の足を引っ張らないように最低限の時間で最大限の成果を上げられるように勉強法を工夫する姿勢であったり、協力しあいながらも切磋琢磨するライバルであったり、5日間を通して毎日15時間以上勉強したことによって得た忍耐力であったり得られるものはとても多く、今振り返ってみると苦しかったけど楽しかった5日間でした。

また東進に入学して1番良かったと思うことは担任の先生からの勉強法や勉強計画へのアドバイスです。自分の勉強法はどこか効率が悪い部分があったり、勉強計画もやりたいことを全部やろうとして無理な計画を立てる癖があったのですが、担任の先生からのアドバイスを参考にしてそのような部分を修正することができました。担任の先生からのアドバイスが無ければ私は志望校への合格は掴めなかったと思います。また私は部活は最後まで続けたほうがいいと思います。なんだかんだ部活やってても時間を工夫して作ることはできると思いますし、勉強法の工夫の仕方で他の受験生と対等に渡り合えると思います。またなにより最後まで部活をやりきることは人生のかけがえのない思い出になると思います。

東進は映像の授業だから不安というようなことを他の塾に通ってる学校の友達が言っていたり実際僕が東進に入学するまではそのようなイメージを持っていたのですが、いざ東進に入学して授業を受けてみると講師の人たちの説明が本当に分かりやすく疑問が沸く余地が無かったので、特に映像の授業だからといって何か心配する必要は無いと思います。

最後に自分は大学では英語を勉強する学部に入るのでそこでの勉強を活かしてTOEICでハイスコアを目指して外資系の企業に就職したいと思います。また最終的には祖父の会社に入ろうと思っているので大学では自主的に商売や経営の勉強をしようと思っています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

効率が悪い自分に勉強法や勉強計画のアドバイスをくれてとても参考になりました。また忙しい時でも何度も面談をしてもらいとても助かりました。大事な受験の時はわざわざ応援しにきてくれて自信を持って受験会場に向かえました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

科目にもよるが本番のセンター試験より若干難しめに作られてる感じがするので本番が簡単に感じました。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

DM

Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル世界史Ⅰ~Ⅳ 東洋史編(中国・アジア地域) 】
先生の知識の量がとにかくすごいので多くのことを吸収でき、しかも歴史上の事柄を色々な面白く覚えやすいエピソードと結びつけて教えてくれる記憶に残ります。たまに教えてくれる語呂合わせもユニークで覚えやすく、テキストも非常に使いやすいです。先生にどこか抜けてるところがあるのでこの先生の授業を受けると受験期で神経質になってるなかでもすごい心が落ち着きます。勉強法は最初は通史的に流れを覚えるようにテキストを使い、流れが入ったと思ったら一気に知識を詰め込むのが効果的だと思いました。

 早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 4

友達にシェアする