2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
商学部

no image

写真

町田匠くん

東進ハイスクール町田校

出身校: 湘南高等学校

東進入学時期: 高1・3月

所属クラブ: ラグビー部

引退時期: 高3・11月

この体験記の関連キーワード

時間を有効に使うこと

 第一志望だった一橋大には不合格だったので今は悔しさでいっぱいです。しかし、本格的に受験勉強できた4ヶ月の期間でやれるだけやった自信があるので、結果を受け入れて前向きに早稲田大学に進学したいと思います。考えてみると、9月に体育祭、11月まで部活という受験を考えると厳しい条件のもと、センター利用で早稲田大学に合格できたのは、少ない時間の中で確立した僕なりの勉強方法にあると思います。

単語などの基礎を前提にして、ひたすら演習と復習をしていくのが部活引退後の僕の勉強スタイルであり、その意味で高速マスター講座での基礎力早期習得はとても役立ったと感じています。さらに、センター試験本番レベル模試や過去問演習講座でわかる点数をもとに、今後の学習計画が立てやすかったために、必要な問題演習だけを行え、闇雲な問題演習によって時間を無駄にすることが防止できました。

それでも、本格的な受験勉強の期間だけでは、第一志望校合格は果たせませんでした。これから受験を迎える人たちには、時間を「有効に使う」ことを心がけて欲しいです。「有効に使う」とは必ずしも「スキマ時間に勉強する」ということではありません。たとえば、部活などで疲れて授業中に寝てしまう人が、その代わりに通学の時間を睡眠にあてるのだって、僕は時間を有効に使っていることになると思います。有効な時間利用と、早期の基礎固め、自分なりの勉強方法の確立をして、僕には果たせなかった第一志望校合格をつかみ取って欲しいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
赤本などと違って、点数が出るので目標が立てやすかったです。また数学の添削指導では、自分が書いた答案をもとにした別解のアドバイスがもらえました。

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】


 早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 2

友達にシェアする

今井宏先生

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒