2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

法政大学
社会学部

no image

写真

新庄さくらさん

東進衛星予備校あざみ野駅東口校

出身校: 桐蔭学園高等学校

東進入学時期: 高2・6月

所属クラブ: 和太鼓

引退時期: 高2・1月

この体験記の関連キーワード

まずは基礎学習を徹底すること

 私は将来、ブランディングデザイナーになりたいと考えています。デザインを人に届けるためには、社会との連携を欠かすことはできません。社会とデザイン、どちらも学びたかった私は一般大学と美術大学の両方を志望する決意をしました。しかし実技に時間を割く余裕はありません。そこで私はセンター試験を利用することにしました。

センター試験は、基礎ができれば満点を取れるように作られています。そのため私は基礎固めを重視して勉強を進めました。基礎は武器です。演習はレベル上げだと思ってください。武器が強ければ強いほどレベル上げがしやすく、早く揃っていればいるほど早くスタートを切ることができます。私は7月までに荒削りながらも高速マスター講座や受講などのインプットを終わらせ、夏にセンター演習で基礎の粗を探し、足りないところを補い、また演習するという繰り返しの日々を送りました。これをこなせば確実に力がつきます。また、疲れたときは、ブースから出たりはせず、好きな科目である世界史の一問一答をやってみたり、図表を眺めたりして過ごしていました。直前期には、千題テストで間違えた箇所を何度も復習し、苦手だった英文法を伸ばしました。それらが功を奏し、本番では全ての科目で自己ベストを出すことができました。

勉強は実技と違い、数字で結果が出ます。目に見える形で自分の成長を実感できます。成績が伸びた時「自分、できるじゃん。やるじゃん。」と思えると思います。東進を思う存分活用して、その達成感を味わってください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター講座
単語、熟語を最初一周するのに時間をかけるのは無駄以外の何物でもないからです。

部活生カリキュラム
両方全力でやってどちらも中途半端にやるよりも、自分に合わせてコントロールしたほうが最大限のコンディションを発揮できるからです。

過去問演習講座
自分で学習するよりも効率的だからです。分厚い冊子を開いたりすることがないため精神的にもやる気が損なわれないからです。

Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 センター対策 】


 法政大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 10

友達にシェアする