2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
商学部

no image

写真

丹治大徳くん

東進ハイスクールせんげん台校

出身校: 春日部高等学校

東進入学時期: 高1・4月

所属クラブ: 英語部 部長

引退時期: 高3・6月

センター試験得点率グラフ
 
センター試験得点率グラフ

この体験記の関連キーワード

将来やりたいことを探して勉強の糧にしました。

 高校受験をいい形で終えられた私は、次の関門である大学受験にむけて、高一生になる前の三月に東進へ入学しました。しかし、やる気だけは一人前であって具体的な目標もなかったため、その一年間で得られたものはあまりありませんでした。ただ、英語だけはどんなに勉強に気が向かなくてもやり続けていました。それが自分の受験を成功させられた大きな要因だったと思います。

自分の中での大きな転換期は、東進で行われる様々なイベントに参加したことです。そのおかげで次第に自分が将来やりたいことがみえてきて、必然と志望大学や学部が決まってきて受験に本腰が入りました。そのとき物事になにか意味や目標を作ることの重要性を学ぶことが出来ました。もう一つの大きな転換期は、高三生になる前の春休みに猛勉強したことでした。このとき得意教科をもっと得意に、苦手強化の克服ができたことで誰よりもいい三年の受験生活のスタートをきれました。

周りの人よりも早く受験を始めたおかげで多くのことを学び、考える機会があり人間的にも大きく成長できました。しかし、まだまだ至らないところもあり、大学受験は通過点にすぎません。これから四年間、それ以降も様々な経験をし、人間力を鍛えていきたいと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分にはない、視点や経験から受験のサポートをして下さった。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分の相談事を誰よりも親身になって聞いて下さり、何度も精神的に救われました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

センターの問題傾向や3年からは外部会場だったため、環境に慣れたことが本番にも活きたと思います。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

その他

Q
その他を選んだ場合はこちらに記入して下さい。
A.

大岩先生の公開授業

Q
東進を選んだ理由
A.

今井先生の体験授業に参加して、この先生の授業を受けてみたいと思ったからです。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

毎回毎回が新鮮で、勉強のいい息抜きになりました。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

部長として人の前に立って発信し、また裏でも活動し、部という組織のために働く喜びを知ることが出来ました。

Q
夏期合宿・冬期合宿に参加した経験があれば、参加して良かったことを教えて下さい。
A.

自分の天井をあげることが出来ました。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

全力でものごとに取り組む楽しさを知ることが出来ました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

受験期の2月が思うようにいかなかったけれど、ルーティーンを崩さずに勉強しました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

ぶれない夢・目標をたて、周りの仲間と励ましあいながら勉強しました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

東進での様々なイベントや、オープンキャンパスで自分がやりたいことを少しずつ形作っていった結果、一番環境が整っていると思ったからです。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

本当にいろいろな面で、未熟な自分を成長させてくれた機会となりました。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

初期・中間的な助け舟を出していきたいと考えています。方法は教育か物流関係から、国連やNGO,NPO,ODAに入ってなどと具体的にはまだ決まってはいませんが、進学する大学で様々な勉強、経験をして決めていきたいと思います。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
単語帳でインプット、高速基礎マスターをアウトプットとして使い、単語力を確立できたからです。

過去問演習講座
自分で赤本を使って演習するよりも、問題への慣れや対策がしやすく効率良く過去問演習ができたからです。

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】
英語を好きに、得意になれた原点だからです。

【 吉野敬介の早大古文スペシャル 】
早稲田の古典対策はこれでバッチリでした!特に付録が最高です。

【 ハイレベル世界史〔テーマ史・地域史〕 】
最難関レベルの世界史の着眼点を知れたからです。

 早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 4

友達にシェアする

今井宏先生

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒

吉野敬介先生

吉野敬介の早大古文スペシャル

東進ハイスクール発大隈講堂経由早稲田大学行き。途中吉野の早大古文スペシャルに停車します

≪じっくり煮込んで解こう編…平安~江戸の作品プラス漢文も≫≪現古融合六連発編≫≪速読速解…なんか自分では読まない・読めそうもない文章≫の三部構成で授業を進める。早大合格の決め手になる読解法・解答法を伝授⇒①全体の大意・流れをつかむ②人物関係(特に主語)つねに誰のセリフか・誰の心中か・誰が何をしているのかを押さえる③省略された主語・目的語をさがす。①②③を徹底的に強化することにより⇒正確な現代語訳(直訳→意訳)・文中に根拠ありの前後策・同じ表現を見抜く⇒速読速解につなげていく。デザートに≪一発必中盲点強化合宿-早大編≫⇒文法・ハイレベル単語問題・解釈・前後関係・敬語・和歌修辞・常識⇒すべて早稲田の過去問を徹底分析。驚異の158ページ148問。すべて解答法・解答付き⇒あの八年連続的中させた伝説の超人気講座が今、東進で復活!!

90分×10回+講座修了判定テスト1回

対象:早稲田・早稲田・早稲田・早稲田・早稲田何がなんでも早稲田という生徒対象

ハイレベル世界史〔テーマ史・地域史〕

近年よく狙われるこの分野を要領よく学ぶ

センター試験、私大、国公立大で入試の頻度が急上昇している分野です。テーマ史では原子力や核関連の歴史、伝染病と医療の発達の歴史、移民などのヒトの歴史、茶・砂糖などのモノの歴史を扱い、地域史ではマヤ・インカなどの中南米史、北・中央アジア史、東欧史などを扱います。ウィークポイントになりやすい分野なので要注意です。

90分×5回+講座修了判定テスト1回

対象:難関私大、難関国公立大の合格を目指す生徒。世界史を「理解」して暗記したい生徒