2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
教育学部

no image

写真

奥村瞳さん

東進衛星予備校平針校

出身校: 南山高等学校

東進入学時期: 高2・8月

所属クラブ: ダンス部

引退時期: 高2・9月

この体験記の関連キーワード

諦めずに頑張る気持ちが大切

 私が東進に入ったのは高校二年生の夏休みでした。はじめは映像で授業を受けるということに少し不安もあったのですが、すぐにこのやり方が自分に合っていると実感するようになりました。東進の映像授業は自分のペースで進められるので、学校の授業ではついていけなかった科目もしっかりと理解しながら勉強することができました。また、何度も授業を見返して復習することで知識が定着しました。

東進の講座の中でも特に役に立ったのは、高三の夏に始めた過去問演習講座です。センター対策の過去問演習講座では、センター試験の過去問だけでなく模試の過去問も解くことができるため、自分の苦手な科目や範囲に重点を置いて演習をしました。二次・私大対策では解説授業を見て解き方のコツを学びました。何度も過去問を解いて、時間配分や解き方を身体に染み込ませることが本番での自信につながると思います。

私は第一志望だった早稲田大学に合格することができました。ですが模試では最後までE判定がほとんどで、このままで大丈夫なのかと不安になることもありました。それでも先生方は私の可能性を信じて応援してくださったので、「諦めずに頑張ろう」と思うことができました。本当に感謝しています。
後輩の皆さん、入試当日に「私はよく頑張った」と自分を誇りに思えるような勉強をしてください。そして自分を支えてくれる家族、先生方、友人への感謝を忘れないようにしてください。つらいこともたくさんあると思いますが、自分を信じて最後まで頑張ってください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

模試の判定が酷い時でも、私の力を信じて応援してくださったことです。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

いつも笑顔で話しかけてくださったので、元気が出ました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

苦手分野がはっきりするので、何度も復習することが大切だと思います。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

その他

Q
その他を選んだ場合はこちらに記入して下さい。
A.

兄が通っていました。

Q
東進を選んだ理由
A.

友人に誘われたからです。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
記述問題の添削や解説授業がついているため、何度も演習を繰り返すことで力が付きました。

東進模試
すぐに結果が返ってくるので復習をしやすかったです。

高速学習
受講を早く終わらせることで過去問演習に時間を割くことができました。

Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 センター対策 】
時間配分が身につきました。

【 難度別システム英語 文法編Ⅳ 】
英語が苦手でしたが、わかりやすい授業で理解しやすかったです。

【 漢文基礎トレーニング(句法&基礎知識の完成) 】
基礎から学ぶことができて、この講座を受けてから漢文が得意科目になりました。

 早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 38

友達にシェアする

安河内哲也先生

難度別システム英語 文法編Ⅳ

志望大学に合格する基本の文法力はこれで完璧!

私大入試では、文法問題に正解できるかがもっとも大きなポイントです。この講座では、頻出の文法問題を題材に重要文法を網羅的に学習します。網羅的な体系学習が終わった後は、実戦演習。本番を意識したさまざまな形式の問題で文法力を確実なものにします。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:高校レベルの文法力は身についているが、入試レベルの学習はまだできていない生徒

三羽邦美先生

漢文基礎トレーニング(句法&基礎知識の完成)

漢文の基礎知識を短期間に完全習得

漢文を軽視したり、毛嫌いして勉強に手をつけない生徒が多いのですが、なんともったいない! 漢文ほど短期間に学力が伸びる、努力すればしただけ得点が伸びる分野はありません。まずは「やっても無駄」「後回しでいいや」という弱気を捨て、「漢文を勉強しよう!」という決意だけもってこの講座に参加してください。必須事項をゼロからていねいに説明しますから、これまで全く漢文を学んでこなかった生徒でも大丈夫。この講座で知識を完璧にした後、読解講座で学習を続ければ、センターでも難関大でも漢文はきっと得点源になるはずです。

90分×10回+講座修了判定テスト1回

対象:これから漢文の学習をスタートさせる生徒