2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
教育学部

no image

写真

森太一くん

東進ハイスクール武蔵小杉校

出身校: 川和高等学校

東進入学時期: 高2・9月

所属クラブ: ソフトテニス部 部長

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

どんなに遅れていてもあせらず、自分で決めたことをやる

 僕が受験勉強に力を入れ始めたのは、高3の夏でした。ソフトテニス部に所属していて部長も勤めていたため、東進に来ても疲れ果てて思うように勉強ができないでいました。

部活を引退した高3の6月の時点で、受講の残りコマ数は120を超えており、高速マスター基礎力養成講座の3冠も取れておらず、模試成績も良くないという、受験生にとってはありえない状況でした。周りからも早々遅れをとっていたと思います。そこから僕がどのように工夫し、挽回したかをここに記していきたいと思います。

まず、7月から10月上旬までかかさなかったことは朝の高速マスター基礎力養成講座です。それまでは忙しかったため、できるときにまとめてやることが多かったのですが、それでは短期記憶になってしまい成績につながりませんでした。

しかし、毎朝時間を決めて行うことで英単語などは確実に定着していったと思います。どんなに遅れていてもあせらず、自分で決めたことをやったことが模試などの点数に結びつきました。

また、一番力を入れたことは講座の再受講です。分からないところを何度も受講できる環境は、僕にとってとても良いものでした。過去問などの中で分からないことがあった場合に、講座の一部分を見て復習するという使い方をしていました。

講座の中では特に「スタンダード物理」がおすすめです。僕は4周以上やった回もありました。物理の本質を様々な例を挙げながら分かりやすく教えていただけたので、物理が得意になりました。

冒頭に述べた通り、僕はとても時間がない状況でした。その中、上記の二つのことを実行するために意識したことは、誰よりも東進にいることです。僕は家では全くと言っていいほど集中力がないので、できる限り東進にいる時間を長くしようと努力しました。それにより、7月の受講コマ数は60を超え、8月上旬には受講を終えることができ、再受講やセンター対策に時間を割くことができました。

このようなことが早稲田大学合格につながったと思います。今嬉しいことは、この先自分の学びたいことを学べることと、周りの人が喜んでくれることです。早稲田大学に進学できることを誇りに思いつつ、ずっと見守ってきてくれた家族をはじめ、友人、学校の先生、東進の担任の方々など、私を支えてくださったすべての方に感謝したいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

家から近い。授業が分かりやすく、ツールも使いやすかったから。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
自分では採点しにくいところも正確に採点してもらえる

実力講師陣


高速学習


Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のB組・英語実力アップ教室 】


【 スタンダード物理 PART 1 】


【 スタンダード物理 PART 2 】


 早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 36

友達にシェアする

今井宏先生

今井宏のB組・英語実力アップ教室

「確実で速い問題の解き方」を、わかりやすく

文法などの基礎はだいたい理解できているけれど、長文読解に不安が残り、模試の成績が思うように上がらず焦っている受験生が対象です。長文読解問題を毎回1問徹底解説し、スピーディで正確な解き方を身につけていきます。「模試になると、どうしても時間が足りなくて……」と悩んでいる皆さんのために、長文読解の基礎完成を目指し、残った時間で整序英作文・文法語法問題・会話体問題なども強化していきます。地元国公立大学・明青立法中・学習院・関関同立などを志望する高3生の「エンド講座」に最適。高い目標を持つ高2生にもオススメです。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター85%以上を目標とし、長文読解での得点向上を目指す生徒