2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

明治大学
理工学部

no image

写真

河本壮平くん

東進衛星予備校渕野辺校

出身校: 相模原高等学校(県立)

東進入学時期: 高2・6月

所属クラブ: バドミントン部 部長

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

志望校の過去問を見て、自分なりの計画を練っていくことが大事

 受験勉強をする上において僕自身の反省点も踏まえて伝えたいのは的外れな勉強をしないということです。

部活を引退すると以前よりも勉強に費やせる時間が増えて特に夏休みでは一日丸ごと勉強できます。だからこそ、その時間で何をするかによって学力の伸びも大きく変わってきます。最終的な目標としては、本番に自分の志望校の過去問で合格点を取ることができればいいのですが、その志望校のレベルに達するために「この時期までにこれくらいの難易度の問題を解けるようにする」と期限を決めておくとやるべき事が明確になると思います。

あと解く問題のバランスも大事です。僕は基礎が大事だということをいろいろな所で耳にしていたので基礎レベルの問題集を何周もしましたが、逆にそのことに時間を費やしすぎて応用レベルの問題にあまり手をつけられませんでした。

基礎が大事だという考えはもっともだと思いますが、実践的な演習もおろそかにしてはいけないのだと学びました。標準レベル、応用レベルの問題の割合もそれぞれの大学によって異なります。また、特に私立大学では出題される問題の分野に頻出のものがあったり、出題の仕方に癖があることが多いので、まずは自分の志望校の過去問を見て今の自分との差を知って自分なりの計画を練っていくことが大事だと思います。

東進には高速マスター基礎力養成講座や通期講座、過去問演習講座など役立つシステムがたくさん揃っているので、これらを積極的に活用していきながら勉強を頑張っていってください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

志望校の決め方や出願についてのポイントなどが役立った。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

勉強や生活面に関するアドバイスが役立った。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

とてもセンターに近い形式で作られていて良かった。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

自分にあったカリキュラムを提供されるのでとても効率的だと感じたから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

グループの人と話して勉強の気分転換になった。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

辛かった時は少し勉強のペースを落とした。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

志望校のパンフレットを見ること。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

校風が合っていたことや憧れ

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

ひとつのことに集中する大切さを学べるもの

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

自分の作ったもので周りの人の生活が豊かにすること。

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード化学 理論化学 】
わかりにくい分野でもポイントをおさえた授業をしているから。

【 受験数学特別講義-積分編- 】
解説がとても丁寧で頭に入りやすかった。

【 過去問演習講座 慶應義塾大学理工学部 】
実践的な解法を多く学べた。

 明治大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 45

河合正人先生

受験数学特別講義-積分編-

積分を集中学習し、入試の得点源にしよう!

数Ⅲ積分の典型問題から厳選した30項目を例題と演習を通じて学習していきます。置換積分や部分積分、区分求積法、回転体の体積など基本公式や問題について一通り身に付けた生徒が対象です。『受験数学Ⅲ(応用)』の後に受講することで、数Ⅲ(積分)分野の理解をさらに深めることができます。本気で数学Ⅲを極めたい生徒、大学進学後も興味を持って数学に取り組みたい生徒は特にお勧めです。『受験数学特別講義-微分編-』とセットで受講し数学Ⅲを確実な得点源にしましょう。

90分×10回+講座修了判定テスト1回

対象:難関大入試で積分を得点源としたい生徒