2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

千葉大学
教育学部

no image

写真

黒木友理香さん

東進衛星予備校都賀校

出身校: 千葉東高等学校

東進入学時期: 高3・4月

所属クラブ: バレーボール部

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

学力は伸び続けると信じて最後まで諦めずに頑張ってよかった

 私が、受験期に気をつけていたことは、「規則正しい生活」と「効率の良い勉強」の二点です。受験という長い期間勉強を継続するためには、適切な睡眠時間をとることは大切です。私自身もどんなに試験間近になっても睡眠時間が6時間きらないように気をつけていました。また、どんなに模試でいい結果を出していたとしても本番万全の体調で挑めなければ、良い結果を出すことは難しいです。そのため体調管理という面も含めて「規則正しい生活」には、心がける必要があります。

そして、自分たちが受験で戦う相手は、現役生だけでなく浪人生もいるということを忘れてはいけません。浪人生とは明らかに勉強量が変わってきます。そういう人たちと同じ土俵で戦うためには、「効率の良い勉強」というのが大事だと考えました。そのひとつとして集中力というのが大事です。私は、同じ場所で長時間勉強することができないので、塾には1時から7時までいて勉強すると決めていました。

また、私が本格的に受験勉強を始めた夏休み頃は、朝5時から8時、9時から12時、1時から7時の計12時間の勉強をしていました。7時以降は、自分の好きなことをしていいと決めることで、勉強のモチベーションもあがっていました。学校では、授業中以外は勉強しませんでした。学校では、学校でしかできない友達との会話や休み時間には体育館でバレーボールをしたりしていたことで、放課後の受験勉強の集中力があがっていたと思います。

また、模試が返却された際には自分の本番での目標点まで何点足りないのかを常に計算していました。そうすることで、明らかに点数が足りていない教科が浮き彫りになり、そこを集中して勉強することで効率よく得点を伸ばすことができました。直前まで学力は、伸び続けると信じて最後まで諦めずに頑張ってよかったと思いました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

私の愚痴とか様々な話を笑ってきいてくれるので受験期にストレスを抱えることなく終えることが出来た。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

登校した際に最近はどうか、などと気軽に話しかけてくださるので色々なことを相談しやすい環境にしてくれて嬉しかった。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

やり直しは、模試受験後2日以内には終わらせること。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

家から近いというのと、部活との両立と考えたときに東進が適していると思ったから。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

私は、将来養護教諭になって子ども達の心と体の健康を守り、これから世の中を支えていく子ども達を育てていきたいと考えています。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
過去問集を本屋さんとかで買わなくて良い点と実際の試験と同じ大きさにコピーできる点。

志望校対策特別講座
解説授業が充実している点。

特別招待講習
東進に入る前に実際の授業を何回も受講できる点。

Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 センター対策 】
解説授業がついているのが良い。

【 入試対策:センター試験対策化学 】
テキストがすごくよくこのテキストをしっかり解くだけで化学への苦手意識がなくなった。

【 過去問演習講座 千葉大学(全学部) 】
解説授業が充実している。

 千葉大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 10