2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

横浜国立大学
理工学部

no image

写真

藤原祥真くん

東進ハイスクール巣鴨校

出身校: 中央大学附属高等学校

東進入学時期: 高2・7月

所属クラブ: サッカー

引退時期: 高3・4月

この体験記の関連キーワード

東進で、真剣で緊張感のある方たちをみて、切り替えがしっかりとできた

 僕が受験勉強を本格的に始めたのは高校2年生の夏ごろでした。もともと受験に対しては意識があり自分では1年生のときからコツコツと勉強してきたつもりで学校でも悪い成績はとっていなかったので普通にやっていけばそこそこの大学には進めるだろうという感覚でいました。しかし両親に勧められ東進の体験講習を受けることになったとき自分の今、たっている場所を痛感しました。学力診断として受けたテストでひどい点数をとり、このままではいけないと感じ東進で本格的に受験勉強をしていくことを決めました。

僕は大学の付属高校に通っていたため周りには受験勉強をしている人はおらずとてもゆるゆるとした雰囲気の高校で東進に通い始めたころは苦労しました。しかし東進の自習室などを見たらわかるようとても真剣で緊張感のある方たちばかりで自分はこの人たちと戦っていくんだと思い切り替えがしっかりとできました。

このあとの1年半ほどの受験勉強を振り返ってみると反省するべきところが主に2つほど思い浮かびました。まず1つはなんといっても情報不足です。高校受験のときは言われたことをただやりまくる、教科書と問題集をひたすらやればいいなんて考えでした。しかし大学受験ではそうはいきません。まず時間は足りませんし学習内容は難しいものばかりです。僕は3年の夏ごろまでただやりまくるタイプの学習をする人でした。だから「こんな参考書があったのに」や「ここの分野は特に勉強するべきだったのに」や「復習は何回やるべきなのに」などと今では思います。そして情報を集めるには自分から動きいろんな人からよく話を聞くことが大切です。

2つ目は計画をよく考えることです。これは周りの人からよく言われやすいことですが僕はないがしろにしてきました。このことの重要性には本当に受験3ヶ月前とかに気づきました。僕は基本的に焦っていたため何でも学習内容は早く終わらせてつぎに進もうという考えでいました。しかしそれでは深い知識は得られず最後のほうに穴埋めしなければならないところがたくさん出てきます。正直、こんなのは時間の無駄だと思います。じっくり計画をたてて一つ一つの学習に丁寧に取り組み質を上げていけば結果的には量も多くなったと思います。

最後に受験前1ヶ月は本当につらかったです。勉強ではなくて受験のプレッシャーです。そんなときに支えてくれた東進の方々、友人たち、そして家族にはとても感謝しています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

よく復習すること。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

授業がわかりやすかったから。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

悩んでいる暇があるなら勉強すること。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

漫才を見て息抜きすること。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

教授の話を聞いてここで研究がしたいと思ったため。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

未来への投資。

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード物理 Part1 】
物理を学び始めようとしている人たちにはとても面白くて入りやすい授業。

【 受験数学Ⅲ(応用) 】
大吉先生がアツい。

【 西きょうじの飛翔のための英文読解講義(応用) 】
英語を論理的に考えることができるため理系にはお勧め。雑談もためになる。

 横浜国立大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 4

志田晶先生

受験数学Ⅲ(応用)

数学Ⅲも深く理解しよう!!

この講座では、数学Ⅲの典型問題の演習を通じて、考える力の養成をします。数学Ⅲ自体は計算力に左右される分野です。しかしながら、物事の根本原理をおろそかにすることは許されません。この講座では、物事の根本原理を追求し、数学Ⅲの深い理解をはかります。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:数学Ⅲを履修済で中堅国公立、私立大学を目指す生徒