2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1260人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京大学
理科一類

no image

写真

仁科久那斗くん

東進ハイスクール船橋校

出身校: 市川高等学校

東進入学時期: 高2・2月

所属クラブ: 鉄道研究部 副部長・会計

引退時期: 高2・9月

この体験記の関連キーワード

合格にいたるまでの道筋をはっきり見据えておく

 僕が受験中に心に留めておくべきだと思うことは、合格にいたるまでの道筋をはっきり見据えておくことです。どのような問題集・参考書を使い、どのような講座を受講するのかを把握しておかなければ合格から逆算して計画を立てることができません。そのためには適度に模試を受験することでどこが苦手なのか、どういうところを補わなければならないのか把握しなくてはなりません。

また、志望校が決まっていない場合は早急に決定してその目標をどんな場合でも揺らぐことがないぐらい強く持っている必要があります。合格から逆算して計画が立ったら、それを完璧にこなし、完璧な学力を身につけることを必達の目標として努力する必要があると思います。東進の確認テスト・修了判定テストで満点を取る、模試でA判定を目指すなどがその努力の例として挙げられます。

また、志望校の合格最低点を目標にしていると少しでも結果が目標を下回るとその時点で不合格となってしまいます。志望校の合格者平均点、もっと言えばトップ合格を目指して頑張るべきであると思います。周りに促されてもっと勉強することがあっても「周りが勉強していないから、自分もしなくてよい」と考えない、自律心も必要です。

最後に何かに詰まったらすぐに東進の担任助手の方々や学校の先生にわからないことを聞くようにするとよいと思います。現役生は大学受験についての情報(受験科目、手に入る参考書など)がゼロの状態で始まるので、できるだけ早くそのような情報を仕入れ、受験勉強に役立たせるべきです。こうした情報は初めに記したように合格までの道筋を考えるためにも大いに役立つはずです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

今の実力にできるだけ即した講座を受講するように勧めていただけたこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

担任助手の方の体験談や本番でどのような心持ちでいればよいのか教えていただけたこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

東大本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

現時点での実力がよく把握できると思います。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

デジタル技術を用いた最先端の教育システムによって学習以外の負担(校舎への登校など)なくトップレベルの講師の授業が受講できると思ったから。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

1つのことを最後までやりきったという経験を得られた点。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

特別招待講習は東進のシステムがどのようになっているのか身をもって体験することができた点がよかったと思います。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

自らの欲望からできるだけ離れ、自らを律し勉強することは総じて辛くはありましたが、東京大学に進みたいという思いを糧に頑張りました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

東京大学に進みたいという強い意志を再確認する。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

日本最高峰の大学であり、自分の好きなことが学べ、大学卒業後もその経験が役に立つと思ったから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自分の限界にとことん挑戦し、自律心を育てるもの。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

工学系の職に就き、世界をテクノロジーでよりよくする人となりたい。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
その意志があれば一通りの範囲を数週間で学習できてしまうのはほかの予備校とは異なってよい点だと思います。

高速マスター基礎力養成講座
ちょっとした隙間時間に勉強することができるので電車の中等で大いに利用させていただきました。

担任指導
自分だけでは手に入らないこの先の予定や受験情報などを教えていただけたのはよかったと思います。

Q
おすすめ講座
A.

【 東大対策理系数学[理系上級微積分+α]-中級から上級そして超上級へ- 】
なかなか学校の授業では扱われない基本的な考え方を教えていただけたから。

【 過去問演習講座 東京大学(理科) 】
自分の記述のどのような点が減点対象となったのかがはっきり記されており、解説授業では東京大学の試験に向かう基本姿勢が強く印象付けられたから。

 東京大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 20

友達にシェアする