2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

大阪大学
法学部

no image

写真

松永健太郎くん

東進衛星予備校膳所校

出身校: 膳所高等学校

東進入学時期: 高2・7月

所属クラブ: サッカー 副キャプテン

引退時期: 高3・10月

この体験記の関連キーワード

質の高い演習と丁寧な解説で、本質的な力をつけることができた

 志望校に合格した今、僕の受験勉強を振り返り、僕がやっていてよかったと思うことは主に3つあります。

1つ目は、勉強以外のやりたいことにも全力で取り組んだことです。学校行事や部活などに多くの時間を割くと勉強に悪影響が出ると思われるかもしれませんが、僕の経験から言わせてもらうとそんなことは全くありません。むしろ、勉強するときとそれ以外をしっかり切り替えることでより集中して勉強できたと思います。なので、これから受験を迎える皆さんには、勉強はもちろん勉強以外の時間も大切にしてほしいと思います。

2つ目は、勉強を生活の一部に組み込み、習慣化したことです。高2の夏に東進に入学してから高3の秋に部活を引退するまで、部活を終えると東進に来て2、3時間集中して勉強し、朝は5時には起きて勉強するという生活を繰り返していました。慣れないうちはきついと思うこともありましたが、慣れてきてそれが当たり前になると勉強を苦痛に感じることは全く無くなりました。今振り返ると、このような毎日の積み重ねが、志望校合格の大きな要因となったのだと思います。

3つ目は、学校の授業や東進の講座をただやるだけでなく、最大限活用したことです。中でも僕が受験勉強を進める中でとても役に立ったのが、東進の「勝利のストラテジー」と「現代文記述・論述トレーニング」です。どちらも予習量が多い上に内容が難しく大変でしたが、質の高い演習と丁寧な解説を通して、どのような問題にも対応できる本質的な力をつけることができました。

僕はこのように受験勉強に取り組んできて志望校に合格することができましたが、これは決して自分1人の力で成し遂げたことではなく、たくさんの方々に支えられてできたことです。勉強に全力で打ち込める環境にいられたことに感謝すると同時に、受験勉強を通しての学びを無駄にしないよう努力しようと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

志望校合格に向けた具体的な計画を提案していただいたこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

センター、二次のそれぞれでの目標点を決める際に様々なアドバイスをいただいたこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

定期的にある模試なので、入試本番から逆算して毎回短期的な目標を立てた。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

0

Q
東進を選んだ理由
A.

部活が忙しかったため、自分のペースで勉強できることに魅力を感じたから。また、部活の先輩がたくさん通っていたから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

他のメンバーの頑張りに刺激を受けることが何度もあった。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

部活引退後一週間ほど集中できない時期があったが、大学入学後をイメージすることで克服できた。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

大学やその先でやりたいことを考えた。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

将来やりたい職業のために必要なことを学べる学科があったから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

特にそれまでと変わらなかった。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

国際公務員になって世界をよくする。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
ちょっとした時間に、英単語や英文法の抜けをチェックできた。

過去問演習講座
解説を読んだだけではわからないような問題も、丁寧な解説授業のおかげでしっかり理解することができた。

東進模試
定期的に実力を測る場があることで、短期的な目標が立てやすかった。

Q
おすすめ講座
A.

【 入試対策:センター試験対策日本史B 】
予習問題が難しく大変だったけれど、講座を通して英文を丁寧に読めるようになった。

【 現代文記述・論述トレーニング 】
何度も実際に手を動かして練習したことで書く力がついた。

【 受験数学Ⅰ・A/Ⅱ・B(応用)演習 】
数学が苦手な人でも理解できるような丁寧で分かりやすい解説がとても役立った。

 大阪大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 22

金谷俊一郎先生

入試対策:センター試験対策日本史B

センター試験の日本史は決して難しくない

本講座ではセンター試験の正しい学習方法を示していくことにより、センター試験での高得点を狙う。用語の理解、時期の把握、歴史的展開の把握といったセンター試験に直結した学習に特化した講義と、豊富な問題演習を通じて、「もっとも最短」かつ「もっとも正しい」センター試験日本史B対策をおこなっていく。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:日本史Bをセンター試験のみで使用する受験生

林修先生

現代文記述・論述トレーニング

最高レベルの記述・論述答案を仕上げるハイレベルトレーニング

難関国公立大を目標とした、ハイレベルな講義を展開します。国公立大の標準的な記述問題から、超難関レベルの問題まで段階を踏んでレベルアップし、独学では学習しづらい現代文の記述問題を、難関突破の切り札にできるまでに諸君を鍛え上げます。東大・京大志望者はこの講座を受講した上で、「東大対策国語」「京大対策国語」に進むと効果的です。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:難関国公立大二次試験レベルの記述対策が必要な生徒