2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

京都大学
工学部

no image

写真

須藤航平くん

東進衛星予備校一宮栄校

出身校: 滝高等学校

東進入学時期: 高2・1月

所属クラブ: ハンドボール部 ポスト

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

早いうちから勉強習慣をつけておいたほうがいい

 僕が京都大学を本格的に目指したきっかけは、学校の催しで行った京都大学の桂キャンパスという専門課程で主に使われるキャンパスを見て、ここに行きたい!と一目惚れしたことでした。

実際、受験期の中盤(だいたい、10月、11月)は、精神的にも身体的にもきつく、そんなときに心の拠り所になったものは、「桂キャンパスの一員として研究したい!」という強い志望への動機でした。やはり、強い志望動機があるのは、重要なことなんだと思います。皆さんも是非、自身が志望する大学のことを深く知り、(いまいち決まっていない人は、いろいろな大学を見て、調べ、ここだ!という大学をしっかり決めて)そこをもっと好きになって、そこへの道を切り開く方法、手段を探して、身にしていってください。

さて、僕は、2年生の冬からギアを入れ始め、3年生の夏にさらに一段階上げ、12月頃からフルスロットルでここまで来た感じでいます。もちろん、最初からスパートをかけるに越したことはないですが、僕、というか大半の人には最後まで耐えるのは至難だと思います。また、部活やらなんやらで、3年生の夏ぐらいまでは忙しい人もいると思います。そのため、僕みたいに、定番なんですが、徐々にギアを上げていくのがいいと思います。

実際、勉強の進め方は人それぞれですが、ただ一つ言えるのは、早いうちから勉強習慣をつけておいたほうがいいという事です。そこで、東進の授業というのは、時間に融通が利く分、忙しい人でも勉強習慣をつけやすく、効果的に勉強を進めるのにもってこいだと思います。是非、良い学習計画を立て、効果的に東進を活用してください。

最後に、今までお世話になった塾長、担任助手の方々、並びに単元ジャンル別演習講座や過去問演習講座の添削をしてくださった皆様、本当にありがとうございました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

京大本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

0

Q
東進を選んだ理由
A.

自分の好きな進め方で勉強ができること

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

しっかり最後までやり抜ける忍耐力がついた

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

11月頃にあった。気分転換にボクシングに行ったりしてストレス解消しているうちになおってきた

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

京大に受かって良いキャンパスライフを送ってる姿を想像すること

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

学校の企画で桂キャンパスに行き、そこに一目ぼれしたこと

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

つらくも楽しくもあったし、最後の充実感は素晴らしいものだったけど、二度とは同じ経験はしたくないもの

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

具体的には決まってないが、化学からのアプローチで社会貢献していきたい

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル物理 力学 】


【 ハイレベル物理 波動・熱力学 】


【 ハイレベル物理 電磁気学 】


 京都大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 3

友達にシェアする