2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京工業大学
生命理工学院

no image

写真

瀧川駿太朗くん

東進ハイスクール川越校

出身校: 川越高等学校

東進入学時期: 高2・2月

所属クラブ: サッカー部

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

部活と勉強の両立をうまく行うことが出来た

 一年生のときは、学校の授業も寝てばかりで放課後も部活で疲れてグダグダして学校のテストでも真ん中くらいの成績しかとれませんでした。ただ、数学だけは誰にも負けないくらい予習復習をして学校ではかなり上位の成績を取ってました。

二年生になるときに塾に入りました。しかし、部活の時間と塾の時間が重なってしまうことが多く、満足した環境で勉強できませんでした。このような環境が自分に適していないと感じたので、三学期が始まるときにその塾をやめ、東進ハイスクールに入学しました。東進ハイスクールは映像による授業であるので、自分の好きなタイミングで授業を受けることが出来、部活との時間の兼ね合いをつけられることもあり、部活と勉強の両立をうまく行うことが出来ました。

この生活を三年生になっても続けることにより、受験勉強に簡単に入ることが出来ました。東工大は数学の配点が高いのでなるべく早く数Ⅲの演習を終わらせました。このとき使った教材は「東工大対策数学」のテキストです。このテキストは東工大の数学で頻出である問題を中心に、高校数学の範囲をすべて演習できます。英語や物理や化学も東進のテキストを用いて演習し、二次試験レベルの力をつけました。

東進は毎日開いているので、なるべく毎日登校することを心がけ、そのことを勉強のルーティーンにしていました。なので、東進にいるときは必ず集中するという意識を持つことが出来ました。皆さんもなるべく毎日登校することを心がけ、そのことをルーティーンにすることをすすめます。志望校合格は人生の通過点に過ぎないので、自分の夢に向かって大学でも日々努力していきたいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

東進に入学する際、志望校を決めるときに科目数との兼ね合いを話し合えたこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

講座の復習を抜け目無くやり、範囲をすべてカバーするように言われ、それを実践することで基礎力がついた

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

映像による授業なので、部活と両立できるから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

一週間に一度のグループのメンバーと勉強情報を共有する機会でした。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

生命系にすすむことになったので、その知識を生かして将来は人の役に立ち、社会に貢献できるような仕事につきたいと思います。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
試験本番さながらの状況で過去問を解くことができる

確認テスト
授業の内容をその場で確認できる

担任指導
いろいろ相談にのってくれる

Q
おすすめ講座
A.

【 東工大対策数学 】
志望校に頻出である内容をカバーでき、基礎力とともに応用力もつけることが出来るので、数学の理解度が一段と増すから。

【 東工大対策化学 】
東工大特有の出題方法に慣れることができる。また、様々な分野の応用問題をやることが出来るので、応用力がつく。

【 過去問演習講座 東京工業大学 】
過去問を本番さながらの環境で演習することが出来、添削も丁寧なので自分が間違えた理由をより詳しく理解することが出来た。

 東京工業大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 1