2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
法学部

no image

写真

鎌田嵩弘くん

東進ハイスクール武蔵小杉校

出身校: 明治大学付属明治高等学校

東進入学時期: 高3・4月

所属クラブ: 生物部

引退時期: 高3・12月

この体験記の関連キーワード

自分に合った方法を見つけようとする創意工夫を絶やさない

 「1日10時間以上の勉強」、あるいは「過去問何十年分の繰り返し」、塾でよく耳にするのではないでしょうか。もし今僕の合格体験記を開いて下さったあなたに、それを為しえる胆力があるのであれば別ですが、多くの受験生にとって最初の洗礼として浴びせられるのはこの類の言葉だと思います。

正直耳が痛いと感じることでしょうし、あるいは打ちひしがれさえするかもしれません。ですが、受験というものは必ずしも苦行の様な禁欲的なものである必要もありません。やりたいことを頭の片隅に置いたまま、悶々としてする勉強には、往々にしてやはり身が入りません。だからといって「やりたいこと」と「やらなければいけないこと」の優先順位のつけ方を誤ってしまっては元も子もありませんが(ちなみに僕は自分に甘く多少やりたいことに傾倒してしまった節が否めません。皆さんは僕よりも強い自律心の持ち主であることを期待します)、時には適度に息抜きを挟んだ方が、結果としてふっ切れた心持ちで集中して勉強に打ち込める場合もあるでしょう。

ここでひとつ誤解を解かせて頂くと、これらはあくまで、ただ言われるがままの勉強法を妄信することの危険性を指摘するために言っているのであって、冒頭に述べたようなやり方を否定するために言うものではありません。ですが、やはり言われたままの勉強法に、考えなしに縋ること、これだけは確実に危険であると言えます。

勉強法は人の数だけあっていいはずです。勿論経験豊富な東進の担任の方々が仰ることですから、完全に的外れなどということは決してありませんが、だからといってそれがあなた、あなたという「個人」にとって最善の方法であるという保証だってどこにもありません。担任の方々の仰ることは非常に参考になりますが、それはあくまで「参考になる」のであって、それで決定ではありません。あなたのことを誰よりも理解しているのは、他でもないあなたです。自分に合った方法を見つけようとする創意工夫を、受験当日まで絶やさないこと、これは思いの外気付いている人の少ない、合格への近道であるように思います。

受験は究極的には「自分との闘い」であるなどと言われますが、これは本当によく言ったものだと思います。とてつもない重圧に晒される受験期は、殊に視野狭窄に陥ってしまいやすいことと思いますが、だからこそ最後の最後まで、自分の胸に手を当てて、自分との対話を続けて下さい。結局僕に言えるのはこれだけです。

僕は今後、大学では興味の持てる分野をさがし、出会うことを目標に大学生活を送りたいと思います。将来としては、その出会った興味の持てる分野の法律の整備に携わりたいです。

もしこの合格体験記が誰か1人でもの役に立つことがあったのならば、これに勝る喜びはありません。これから受験という大きな試練に挑む皆さんの前途が明るいものであるよう、心の底から願っています。頑張って下さい。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

附属の受験生という、特殊なケースにも対応してくれたこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

グループ・ミーティング。いろいろと実際の試験場の雰囲気を教えてもらえたこと。想像しやすく、助かった。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

沢山あるので、経験を積むことができ、本番でも緊張しなかった。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

映像による授業である点。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

雑談が息抜きになった。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

遊ぶ。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

内部進学よりもレベルの高い大学に行くため。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

初めての大きな試練。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

法整備に貢献したいです。現状の法律では社会の実情と完全に一致しているとは言い難く、例えば「自動運転車の事故の責任の所在はどこにあるのか」といった、日進月歩発展する現代社会の実情に合う法律を整備することに携わってゆきたい。

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試


特別招待講習


担任指導


Q
おすすめ講座
A.

【 富井健二のビジュアル古文読解マニュアル(基礎編) 】
内容が面白味があり、飽きなかった。

 早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 10

富井健二先生

富井健二のビジュアル古文読解マニュアル(基礎編)

基礎知識を読解力につなげる

この講座は古文単語・古典文法・古文読解の知識をバランスよく鍛えることをモットーとしております。一学期及び二学期の授業の前半は古文単語のレッスンをし、後半は古文読解のレッスンをします。古典文法は古文読解のレッスン中にピックアップしてやっていきます。古文読解マニュアルという読解法を使用し、どんなジャンルの文章でも広く読むことができるようにしていきます。夏期は敬語法を使った読解法、冬期は和歌を中心にした読解、直前は古文常識を意識した読解というふうにテーマを決めてムラのないように学習していきます。「どうやって古文を読み、どうやって古文を読解していけばよいのか」でつまずいている人は是非受講してください。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:「古典文法」や「古文単語暗記トレーニングジム」の受講を終え、はじめて読解練習をスタートさせる生徒、古文に時間がかけられない生徒