2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

名古屋市立大学
経済学部

no image

写真

古谷昌暉くん

東進衛星予備校半田住吉校

出身校: 半田高等学校

東進入学時期: 高3・5月

所属クラブ: バドミントン

引退時期: 高3・4月

この体験記の関連キーワード

担任・担任助手の方々が第一志望校に向けて熱心に指導してくれた

 東進には高校3年生の5月から入学しました。丁寧に指導してくれる担任、グループ・ミーティングで楽しく一週間の目標を話し合った担任助手、東進の担任・担任助手の方一人一人が、僕の第一志望校に向けて熱心に指導していただきとても感謝しています。

一緒に辛い受験勉強を乗り越えてきた友達たちは、夜ご飯を一緒に食べたり、息抜きしたりと僕の心の支えとなりました。僕の受験はすべてが成功ではありませんでした。むしろ失敗の方が多いです。センター試験ではいつもなかなか点数を取ることが出来ない国語で9割近く取れてしまい今までで一番の結果となりました。しかし、続く私立大学受験では合格判定で、いつもA判定のところでさえ落ちてしてしまい、悔しかったです。

僕の第一志望は国公立なので、そこで逆転しようと勉強を始めました。国公立受験日、英語と数学を受けたのですが、英語はいつも通り、数学に至っては半分の点数も取れていないと思い、浪人を覚悟しました。しかし、第一志望に受かっていて、無事大学生になることが出来ました。

合格発表まで毎日眠れないくらい不安で心配していましたが、最後まで諦めなければ第一志望校に合格できるのだと実感しました。みなさんも模試でA判定を取ったといって安心せずに一生懸命努力してください。判定結果など、ほとんど役に立ちません。当日今まで以上に力を発揮できるということはめったにありません。なので調子が悪くても十分合格できるくらいの学力をつけてください。東進にはいままで支えてもらい感謝いっぱいです。ありがとうございました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

君ならできると励まされたこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

センター試験で役に立つ甘いお菓子をたくさんくれたこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

0

Q
東進を選んだ理由
A.

映像による授業の質

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

一週間の向上得点をグループの中で一番にしたこと。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

仲間意識

Q
夏期合宿・冬期合宿に参加した経験があれば、参加して良かったことを教えて下さい。
A.

一日で大幅に知識量を増やせる。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

東進の仕組みを知ることが出来た。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

ゲームやYouTube

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

楽しい大学生活を思い浮かべること。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

家から近いから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自分の実力を確かめられるもの。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

世界規模でのコミュニケーション。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
時間を節約できる。

高速マスター基礎力養成講座
基礎をしっかり鍛え上げられる。

過去問演習講座
大学の傾向をつかむことが出来る。

Q
おすすめ講座
A.

【 受験数学Ⅰ・A/Ⅱ・B(応用) 】
志田先生によるわかりやすい解説で、応用問題も簡単に理解できる。

【 上位国公立大総合英語 】
今井先生の授業は飽きなく着実に英語の成績を伸ばすことが出来る。

【 難関古文 】
古文の基礎知識を音で覚えられる。

 名古屋市立大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 4

今井宏先生

上位国公立大総合英語

地方国公立大レベルの二次・記述試験対策

千葉大、首都大学東京、横浜国立大など、上位の国公立大学の二次試験で出題される記述問題に対応できる力をつけるための講座です。勘所をしっかりと押さえれば、記述問題も恐れることはありません。記述問題を得点源にして差をつけられる実力を手にしましょう。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:上位国公立大の二次記述試験対策をしたい生徒

栗原隆先生

難関古文

いつも心に映像を! ─ 基礎から確認し、難関大合格の力をつける!

古文の基礎から確認し、最終的には難関大学の入試古文で合格点をとることを目指します。難度の高い古文の問題は、問題文自体の難度もさることながら、設問の意図を正確に把握し解答するという難しさもあります。記述問題では、どう表現したかによって、点数が大きく変わります。わずかな試験時間内で、これらの難しさに立ち向かい、どんな問題であっても合格点がとれる力を、段階を踏んで身につけていきます。なお、授業は単に読解技術だけでなく、古文の背景知識にも触れます。「いつも心に映像を!」…古文の世界の深奥に触れながら、確実に古文に強くなれる授業です。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:東大・京大など難関国立大、早稲田・上智・関関同立などの難関大学に合格したい受験生