2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
文化構想学部

no image

写真

大野惟々菜さん

東進衛星予備校上溝校

出身校: 相模原高等学校(県立)

東進入学時期: 高2・2月

所属クラブ: 吹奏楽部

引退時期: 高3・9月

この体験記の関連キーワード

受験勉強は夢中になって打ち込むほうがいい

 私は吹奏楽部で、特に力を入れている学校だったので、1、2年生のときは、部活三昧の日々で、ちゃんとした勉強をしたことがなく、本格的に受験勉強を始めたのは、高2の2月からでした。その頃は受講をなるべく減らそうと、時間を見つけたら東進にきて、パソコンの画面に向かうようにしていました。

私が引退したのは9月の中旬ごろで、それまでは部活と勉強の両立をしなければならなかったので、自分のスケジュール管理を徹底して行い、スキマ時間は単語や日本史の一問一答などを、まとまった時間が取れるときは時間のかかる問題やセンター演習などをして、勉強できる時間を最大限に活用できるよう作戦を立てながら、机に向かうことのできる時間は集中力を切らさずに勉強するよう意識していました。

引退した後は少しでも遅れを取り戻そうと、より一層集中して勉強することができました。特に、私は日本史が苦手だったので、弱点を克服して少しでも点につながるようにし、また得意だった国語はさらに伸ばすことで応用問題でも点が取れるようにしようとしました。スランプの時期もありましたが、そういう時は周りの人にアドバイスをもらったり、もう一度自分の勉強方法を見直して新しい視点を持って問題に向かうようにしました。

受験本番が近づいてくると、焦る気持ちや、このままで本当に第一志望に合格できるのか、など不安になった時もたくさんありましたが、よいイメージだけを自分の中に残し、目の前の問題に夢中になるようにして、不安を取り払いました。夢中になって勉強しているときは、不安な気持ちもそのほかの気持ちもすべて忘れることができました。

中途半端な努力は辛いけど、夢中になって努力しているときはそんな気持ちも消えてしまうので、受験勉強は夢中になって打ち込むほうがいいと思います。その結果、第一志望の大学に進学することができました。私は、受験勉強で必要なことは、ただ闇雲に勉強をするのではなく、頭を使って作戦をたて、たてた作戦を100%の力で実行すること、そして何よりも一番大事なことは、自分の気持ちだと思います。弱い気持ちでは、受験勉強に立ち向かうことはできません。

私は、2年の最後まで学校の成績は下から数えたほうが圧倒的に早かったし、その頃は私の学力が到底及ばないので、第一志望が早稲田と胸をはって言うことができませんでした。もしかしたら、誰も私が早稲田に行くなんて、本気で思っている人はいなかったかもしれません。でも、私は自分を信じて、最後まで自分が早稲田に行くという信念を持ってやり通した結果、その夢が叶いました。勉強にかける時間も大事だけど、勉強の質とやる気があれば、周りより遅めのスタートでも第一志望に行けないなんてことはないです。自分を信じて、最後まで頑張ってください。あなたならできる!!

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

辛かったときに、何気ない一言で支えられました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分で思いつかなかった勉強方法を教えてくれた

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

友達がたくさんできた!

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

社会性

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

周りの人のアドバイスをきいて、新しい視点で問題と向き合う

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

第一志望のパンフレットを見る!

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

校風

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自分と向き合うことができた

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

人のためになることをしたい

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】
何よりもわかりやすい。途中で飽きることなくスムーズに勉強に打ち込むことができる。

【 過去問演習講座 早稲田大学 】
自分の第一志望の傾向などがわかる

【 金谷俊一郎の日本史ラストプラスα 】
ここで得点が10点アップした!!ズバリ的中しました。

 早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 31

友達にシェアする

今井宏先生

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒